YouTube

 

【ひろゆき】2ちゃんねる乗っ取り事件の経緯と真相まとめ!裁判の顛末は?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
   

 

のまねこや電車男などのブーム発信地となった「2ちゃん」こと「2ちゃんねる」、元々はおなじみの「ひろゆき」さんが管理している個人サイトでした。

しかしながらサーバーの方を管理していた人物によって2ちゃんねるは乗っ取り事件に巻き込まれてしまいます。

おまけに2ちゃんねる売却なんて冗談を挟み込んで、情報は更に大混乱!これは実際の所何がどうなっているかわからなくなってきました。

そこでここでは2ちゃんねる乗っ取り事件の経緯や真相を覗いていきましょう!

 

【スポンサーリンク】

ひろゆきが2ちゃんねる乗っ取りで裁判を起こした経緯と売却の噂

2014年の冬、2ちゃんねるで突如サーバー落ちが発生し、復帰後に全ての板(掲示板のジャンル)に新たなスレッド(いわゆる掲示板)ができていました。

スレを立てたのはJimという人物で、内容は「ひろゆきさんの運営権を剥奪し自分たちが掲示板の運営をすることになった」というものです。

つまり実質2ちゃんねるはJimさんに乗っ取られてしまったのでした。

 

突然の乗っ取り…運営費不足で権利を剥奪されていた

スレの1(スレッドを立てた人、ここではJim)によると、運営費が枯渇し機能しなくなったためサーバーの料金等が未払いになったので、運営の権利を剥奪したとのこと。

このことでひろゆきさんは2ちゃんねる(今の5ちゃんねる)の運営権を失ってしまい、管理人としての立場を奪われてしまいました。

以降ひろゆきさんは個別に「2ちゃんねる」(2ch.sc)を立ち上げており、こちらの管理人を行うことになります。

 

裁判の繰り返し…完全勝訴の取り消しまで

当然ながら事実はそうではないということで、Jimことジム・ワトキンスさんを訴訟しており、2018年の東京地裁で完全勝訴したと報告しています。

内容は損害賠償とサーバーの使用料の変換、ひろゆきさんに非常に有利な結果が出ており、これで2ちゃんねるの乗っ取り事件は幕引きとなると誰もが思っていました。

しかし2019年に東京の最高裁で、地裁ででた先程の判決が破棄、ひろゆきさんの裁判で取り上げた請求は棄却、つまり全部パァとされてしまったのです。

結果として何も残らない結末になってしまい、判決はこのまま決定となってしまいました。

 

2ちゃんねる売却!?は「冗談」だった

この騒動以前に、一時期ひろゆきさんは2ちゃんねるを売却するという発言をして、メディアをわかせていました。

しかしこの時は冗談だったようで、閉鎖を繰り返している掲示板もあったためか、経営に関して皆さん複雑な気持ちをもっていたみたいですね。

「ネタのわかる人たちへの最後の餞」として洒落にならない冗談を公開していました。

今となっては冗談とも言えなかったのではないか、とうっすら感じてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

なんで魅力がなくなった2ちゃんねるにそこまでこだわるのか…え?「好奇心」!?

2ちゃんねるは大きな影響力を与え、様々な文化を広めてきた、インターネットの広大な世界の一部を構成したと言える場所です。

しかしそれは2000年代の話であり、現在はある種魅力のないコンテンツになりつつあるという声も出ています。

その話がひろゆきさんのYou Tubeのチャンネルに届き、ひろゆきさんが質問に答えていました。

 

現在利用者の高齢化で魅力がない2ちゃんねる

人間は皆歳を取ります、2010年頃20才だった人は今は30才、当然ネットを嗜んでいることが多かった30才代40才代の人は40才50才になっていますよね。

これはコンテンツの高齢化がどんどん進んでいるのに加え、若い人の影響力は今別の匿名掲示板にも広がりつつあります。

そう考えると、様々なコンテンツや今You Tubeのチャンネルを持っているひろゆきさんが、2ちゃんねるを取り返す意味がなくなってきます。

だって、2ちゃんねる以外にも魅力的なコンテンツを持っているのに、わざわざ昔のコンテンツで裁判を繰り返すのは無意味ではないですか?

概要としてはそんな質問が寄せられていました。

 

2ちゃんねるに拘る理由は好奇心だった

結論から行くと、裁判の結果がどうなっていくか、という好奇心から2ちゃんねる乗っ取りに関する裁判を続けているのだと、ひろゆきさんは解答しています。

簡単に言えばオチを見たい!ということですね。

ずっとずっと争いを続けてきて、ここまで十年くらい戦ってしまうと、最終的にどの様に判断がなされるのか、確かに気になってしまいます。

だからこそお金が多少かかっても、不利になっても、2ちゃんねる乗っ取りに関する裁判を繰り返しているんですって!

 

スポンサーリンク

伊達に裁判やってない最強の助っ人!DJ社長問題に助言

株問題などに巻き込まれ、解散となったレペゼン地球なのですが、この件についてひろゆきさんが助言の動画を発信しています。

同じ様な事件で裁判に巻き込まれていることが多いひろゆきさん、JASRACに登録していないと思われる曲を逆手に取るという方法などを公開しており、兵感がすごい!

レペゼン地球の相手となっているHの攻略法をすらすらと語っているんです!

下手すればついている弁護士さんよりも具体的な解決策を提供しているため、コメントでも「味方についた時の最強感がたまらない」とつけられていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

2ちゃんねる乗っ取り事件は、ある日運営金不足でサーバー側がサーバー権利者に乗っ取られた、というのが真相のようです。

最終的に最高裁で裁判の請求は棄却されてしまい、結論がでて判決が確定することになってしまいました。

長く続いている裁判ですが、ひろゆきさんとしては既に勝ち負けより好奇心から裁判を続けているということですから、なかなかすごい状況と言えるでしょう。

今後の展開はどのようになっていくか、ひろゆきさんはどこへ向かうのか、とても気になっちゃいますね。

 

関連記事

>>>ひろゆきとホリエモンの喧嘩騒動まとめ!2人は不仲?関係性も調べてみた!

>>>【2ちゃん創設】ひろゆきの年収と資産がガチでヤバい!これまでの経歴をまとめてみた!

>>>ひろゆきと嫁・植木由佳の馴れ初めが凄い!学歴と経歴も調べてみた!

>>>ひろゆきは賠償金を払わない!騒動一連と踏み倒す理由、時効について調査してみた!

>>>ひろゆきは学歴コンプ?高校や大学学部、留学先まとめ!

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP