宗教・カルト

 

【創価学会】芸能人で脱会者をまとめて紹介!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 
創価学会の芸能人と言えば、石原さとみさんや滝沢秀明さん、熱狂的な信者と名高い久本雅美さんなどがいますよね。

創価学会に入会している芸能人は多いと言われていますが、以前は信者だったけど、現在は脱会している芸能人もいます。

この記事では、創価学会の芸能人の脱会者を紹介し、それぞれの脱会の理由や、また、なぜ芸能界には創価学会信仰者が多いのかについて詳細をまとめています。
 

【スポンサーリンク】

 

創価学会だった芸能人の脱会者をまとめて紹介

創価学会は、公式サイトで信者数を827万世帯と公表しており、新興宗教の中でもトップクラスの知名度を誇ります。

さらに日本だけでなく、世界でも布教活動を行っており、影響力は計り知れません。

そんな創価学会を脱会した芸能人には、柴田理恵さん・杉田かおるさん・ダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さんがいます!

 

【脱会者】柴田理恵さん


柴田理恵さんは、親交の深い久本雅美さんからの勧誘によって入会しています。

創価学会の機関誌である聖教新聞に芸能人が実名で登場し、自分自身の体験を語る記事がありましたが、ここに柴田さんも大きく写真が掲載されました。

さらに、そこには柴田さんを含めた人たちが、創価学会の中の歌である「使命の舞」を歌っている様子を写した写真もありました。

そこから、柴田さんは積極的に活動をしていたと明らかになったのです。

しかしある時から、柴田さんはその活動を止めています

それは、池上彰さんの影響でした。

創価学会は信者に対し

「選挙をやると功徳がでる」

と教え、繋がりの深い公明党を応援する流れを作っているのです。

本来、政治と宗教は分離していないといけないので、グレーゾーンですよね…。

 
池上彰
 

池上彰さんはこの部分に疑問を持っており、当時当選した公明党の佐々木さやかさんに対し以下のような質問しています。

「公明党を応援することが創価学会の人にとっての宗教活動といいますか功徳を積むことになるのですか?」

さらに、視聴者からの質問として、

「公明党と創価学会の関係、政教分離の憲法の原則に違反しないのかどうかという質問がありました。これにはどのようにお答えになりますか?」

と投げかけました。

この池上彰さんの意見を聞いた柴田さんは、それ以来、一切の活動をしないようになったのです。

元々、柴田さんは久本さんからの勧誘で入会しているので、他にも疑問に思うことがあった可能性もあります。

最後の決定打で池上彰さんのあの言葉があり、ふと我に返ったのだと考えられます。

ただ、現在の柴田さんに関しての扱いは、脱会というよりも、システムの都合上、活動休止のほうが近いと言われています。

ちなみに熱心に信仰をしている久本さんとは、不仲説がありましたが、現在も交友が続いています

 

【脱会者】杉田かおる


杉田かおるさんは創価学会の脱会者で、内部を暴露する内容の本まで出しています。

杉田さんは16歳の頃、創価学会員だった父親の影響で入会しています。

当初は、芸術部員として活動し、広告塔の役割も担っていました。

しかし、杉田さんは次第に不信感を募らせ脱会を決意するようになります。

1985年、学会員として、あるイベントに参加した杉田さん。

その日は、最高指導者の池田大作さんを囲んで、食事会が行われました。

その席で、「お下げ渡し」という行為があり、そこに杉田さんは違和感を覚えたのです。

 
池田大作
 

その行為とは、池田さんがデザートのメロンを指し、

「このメロンは天皇陛下と私しか食べられない。」

と言い、スプーンでひと口食べたことから始まります。

その後池田さんから、「みんなにも食べさせてあげたい。」と、食べかけのメロンをどんどん隣の人に回すことになりました。

杉田さんにそのメロンが回ってきたとき、すでに食べるところはほとんどありませんでしたが、無理やりすくって食べたのです。

他にも、
 

 
〇年金生活者や生活保護者からも献金を募る

〇酒の席でセクハラを強要する幹部

 

という部分にも杉田さんは納得できませんでした。

さらには、1991年に創価学会が日蓮正宗を破門になった誹謗中傷事件が起こります。

杉田さんは日蓮正宗の考えに共感していたため、日蓮正宗を破門された創価学会からの脱会を決意したのです。

杉田さんが脱会した後、大勢の学会員が杉田さんの家に押しかけ、脱会を撤回するように迫っていたと言います。

日本において、宗教は信仰するもしないも自由のはずなのに、ここまで強要されると恐怖しか感じませんね。

実際、杉田さん自身も、怖い体験だったと後に語っています。

さらに、杉田さんは創価学会を脱会した時期から、メディアでの露出が減りました

これについては、脱会したために干されたと言われています。

現在は、物申すスタイルでバラエティー番組での活躍が見られるようになりましたね。

私生活のほうも落ち着いた暮らしができているようです。

 

【脱会者】ダウンタウンの浜田と松本


浜田雅功さんと松本人志さんも中学時代まで創価学会を信仰していました。

とくに松本さんについては、両親が創価学会員で、松本さん自身は母親の影響で入会したと語られています。

小学校時代は、学校を遅刻してでもお題目を唱えていたというエピソードがあるほど、真面目に活動していました。

浜田さんと松本さんが脱会した理由は語られていませんが、親の影響で入会している、いわゆる信仰2世は、親ほど熱心に活動していない傾向があります。

自分で物事を考えられるようになる中学時代になって、自分には合っていないと思い、脱会したのだとも考えられますね。
 

【スポンサーリンク】

 

なぜ芸能人は創価学会に入会するのか

方針や考え方に疑問を持ち、脱会する芸能人もいますが、それでもやはり芸能人には創価学会の方が多いです。

それはずばり、

〇仕事がもらえるから

〇逆に目を付けられると干されるから

という理由が挙げられると考えます。

 

強いパイプがある

創価学会には、脱会者の杉田さんも所属していた「芸術部」があります。

ここが芸能界に強いパイプを持っていると言われ、芸能人は入会後、この芸術部に所属するので、芸能界で売れる確率が高くなるのです。

さらに、芸術部総会というものを開催し、大勢の学会員の前で漫才披露なども行えます。

多数の信者がおり、同じ創価学会員として応援してくれる人が多いことからも、芸能界ではアドバンテージになりますよね。

 

逆らうと仕事がなくなる…!


芸能界の中でもとくに熱心な活動をしている久本さんですが、彼女は度々芸能人へ勧誘を行っています。

そして、その久本さんからの勧誘を断った人が、次々とテレビから消えているのです。

・内村光良さん(勧誘を断る)
 
内村光良
 

・若槻千夏さん(勧誘を断る)
 
若槻千夏
 

・あいのりの加藤晴彦さん(勧誘を断る)
 
加藤晴彦
 

・極楽とんぼの山本圭壱さん(後輩が久本さんから勧誘されていたのを助けようとした)
 
極楽とんぼ 山本圭壱
 

内村さんは、今はバラエティー番組の司会者としてよくテレビで見ますが、一時期は自殺を考えるほど仕事がなくなっていたと言われています。

芸能界は入れ替わりが激しいので、上記の方たちもただ人気が落ちたからという可能性もありますが、あまりにも偶然が重なりすぎていますよね…。

久本さんからの勧誘に関して以上のような事実があるので、芸能人は強く勧められたら断れず、入会していると考えられます。

さらに、杉田さんも創価学会を脱退したことでテレビ業界から干されていましたよね。

久本さんと、芸能関係で力を持っている創価学会員のおかげで、今後も芸能人の創価学会員は、一定数保たれそうですね。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上この記事では、創価学会の芸能人の脱会者を紹介し、それぞれの脱会の理由や、さらに、なぜ芸能界には創価学会信仰者が多いのかについて詳細をまとめたものになります。

入会者に対し、創価学会を脱会した芸能人はそれほど多くはないと感じますよね。

それには、創価学会が芸能界への大きな影響を持っているため、辞めるに辞められないという事情がありそうです。

ただ、柴田さんや杉田さんのように、意見の違いから、活動休止や脱会を選択する人もいます。

もちろん創価学会を信仰するのは自由ですが、創価学会から他の思想に変えることももっと自由であるべきだと感じますね。
 

 
▼ レビュー見るだけでも笑えますのでチェックしてみて下さい(笑)

池田大作名言100選 [ 池田大作 ]

 

関連記事

>>> 創価大学出身で創価学会じゃない人っているの?芸能人やスポーツ選手など徹底調査!

>>> 創価学会に辞め方はあるの?脱会方法と脱会したその後はどうなるのか解説!

>>> 【クレイジー君vs創価学会】戸田市議選の当選無効の裏にはあの巨大宗教組織の圧があった?

>>> 【創価学会】芸能人一覧表!ジャニーズメンバーまとめ!

>>> 【創価学会】信者の特徴と見分け方について徹底解説!周りのママ友にも…?

>>> 【必読】日本のカルト宗教一覧!ヤバすぎる集団を徹底解説!

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP