エンタメ系

 

クレヨンしんちゃんの裏設定がヤバい…ファンは絶対に閲覧禁止!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

1990年に漫画が連載され、1992年よりアニメでも放送開始されるようになった「クレヨンしんちゃん」

下品な内容が含まれるということで、子供に見せたくないアニメにもよく名前があげられることもしばしばありますが、今でも人気が衰えることなく30年も続く大人気アニメとなっています。

しかし、一方でアニメの面白さとはかけ離れた、想像もできない裏設定があるというのです。

ここではそんなクレヨンしんちゃんのブラックな部分を明かしていきたいと思います。
 

【スポンサーリンク】

クレヨンしんちゃんの裏設定

クレヨンしんちゃんの裏設定にはいくつか都市伝説的なものがあり、本当かどうかは謎に包まれています。

ではその内容についてまとめていきましょう。

みさえの職業


 

結婚する前は小山田物産でOLをしていたと言われているみさえですが、裏設定では声優をしていたというのです。

お色気系な声優をしていたみさえは自宅で練習をしていたところ、偶然ひろしにその内容を聞かれてしまうのでした。

しかも、その内容が相手を誘惑するようなセリフだったため、自分に言われていると勘違いしたひろしはみさえに惚れてしまいます。

その後、ストーカーと化したひろしはみさえに猛アタックし結婚までこぎつけるのでした。
 

アニメで描かれている馴れ初めは、みさえが落としたハンカチをひろしが拾うというさわやかな出会いの始まりだったため、真逆のエピソードがまた面白いですよね。

お色気に弱いというひろしらしい一面ではありますが・・・。

性転換していたひろし


 
実はひろし、元々女性だったという裏設定が。

女性だった頃の名前は「ひろこ」でみさえと親友だったようです。

生涯かけてみさえを守り、男性として一緒に生きていくことを決めたひろこはなんと性転換して男性になってしまうのです。

なんとも衝撃的な裏設定ですが、みさえへの愛がそれほど強かったということでしょうか。

しんのすけは5歳で亡くなっていた


 
主人公のしんのすけが既に亡くなっていたという裏設定は一番衝撃的かと思います。

どういう内容かというと、しんのすけは妹のひまわりを守るため交通事故にあい5歳で亡くなってしまったのです。

その後精神を病んでしまったみさえは、しんのすけが使っていたクレヨンで日記を書き始めることになります。

それが今のクレヨンしんちゃんということなのです。

 
しんのすけが生きていたらという思いで書き始めた日記ですが、もしこれが本当だったら私たちはみさえが妄想する世界を見させられていたということになりますよね。

なんとも言えない不思議な気持ちになってしまいます・・・。

ひまわりは実の子ではなかった?


 
次に紹介するのはしんのすけの妹であるひまわりについて、実はひまわりはひろしとみさえの子供ではなく養子だったという裏設定です。

これは先述した、しんのすけが亡くなっていたということにも関わってきますが、落ち込んでしまったみさえを想って養子として迎え入れたというエピソードです。

ひまわりの両親は失踪してしまったため、野原家が引き取ったとも言われています。
 
5年後の未来からやってくるという「しんこちゃん」が登場してこのように発言しました。

「ひまちゃんて、本当に野原家の子なの?」

一瞬核心をつくような言葉でドキッとしてしまいますが、これも養子だと考えたら意味深に聞こえてきますよね。

また、一人だけ髪の色が違うというのもそのような想像を掻き立ててしまいます。

そして実はこのしんこちゃんには、未来のひまわりだったという裏エピソードもあります。

個人的にはこちらの方が興味があるところです。

シロはガンだった


 
シロは「オスです。かわいがってください」と書かれたダンボールに入れて捨てられていたところを、しんちゃんに拾われてペットになるというのは有名な話です。

しかしここでも闇が深い裏設定がありました。

作者の「臼井儀人」さんはシロをガンという設定にして、さらに治療費がかかるいう理由で捨ててしまったという内容にしようとしました。

さすがに子供が見るアニメでそのようなひどいことはできない、という理由で前の飼い主が「突発性犬アレルギー」になり飼えなくなったため捨てたという内容となりました。

ちなみにこの「突発性犬アレルギー」はアニメの世界にしか存在しない病気です。

幻の25話


 
裏設定とは別にクレヨンしんちゃんには消えた25話という気になる謎が残されています。

作者の臼井儀人さんは25話を作成しているはずですが、24話から26話に飛んでおり、25話が消えているのです。

これは内容があまりにも過激でブラックだったという理由でボツにされたのでは?と都市伝説になっています。

もともと原作は青年漫画で大人向けの漫画であったという経緯もあるため、子供に見せるのには不向きな内容だったのではないでしょうか。

とはいえ、幻の消えた25話がどんな内容だったのかとても気になるところです。
 

【スポンサーリンク】

まとめ

クレヨンしんちゃんの裏設定についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

子供から大人気のアニメにこんな裏設定があったとは驚きでしたね。

何も知らない人からすると衝撃的な内容だったかと思います。

ここで紹介しきれていない裏設定もまだまだあるので気になった方は調べてみてください!

 

 
\無料漫画は3000作品以上/

漫画をこよなく愛する人の為の「まんが王国」

 

関連記事
>>> なぜ鬼滅の刃は子供に悪影響?見せない親が続出の理由を調べてみた!

>>> 【戦慄】アニメの怖い話ランキングTOP10!ガクブルの怖い回やシーンを一挙公開!

>>> 【閲覧注意】クレヨンしんちゃんの都市伝説が最恐に泣けるホラーだった…

>>> 【クレヨンしんちゃん】最終回の舞台は22年後?結末が超泣けると話題!

>>> クレヨンしんちゃんの超絶怖いトラウマ回6選!子供向けアニメの域を超えた名作は必見

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP