政治家の話題

二階俊博の若い頃は?中国の犬やスパイと言われる理由や臓器移植に関する内容も調べてみた!

 

「中国の犬」「スパイ」とまで言われてしまっている、政治家二階俊博氏、ネットでの評判は最悪となっています。

ここまですることで様々な利権を手に入れているのだと噂される程、親中派・親韓派として名前が知られていますよね。

 

でも一体どうしてここまでに二階俊博氏はなっていったんでしょう?若い頃に何かあったとしか思えない!

そんなわけで中国の犬、スパイと言われる理由や若い頃の話、事情が絡んでいると噂の臓器移植の真相について調べてみました!

【スポンサーリンク】

二階俊博は中国の犬?スパイ?アメリカからも怒られてた件

日本国内で見ていると、あまりに二階氏は中国寄り・韓国寄りの行動であるため、ネット上でもよく「中国の犬」「スパイ」なんて言われています。

しかし海外からは誰からも文句を言われず…日本はもしかしてもっと中国に媚びないといけないの?

いえいえそんな事はありません!実は二階氏は、この親中親韓すぎるこの姿勢をアメリカに怒られたことがあるんです!

【スポンサーリンク】

アメリカに怒られていたって本当?

アメリカの「戦略国際問題研究所」というところで「日本における中国の影響力」という報告書が、2020年7月23日に発表されました。

詳しい中身は置いておくとして、二階氏についてかなり中心的に報告書には取り上げられていて、立ち位置などに触れていました。

つまりこれ「将来的に中国に媚びていて日本にとって、ちょっと危険な存在だよ!」という批判とも言える調査結果なんですね。

スポンサーリンク

なんで中国の犬やスパイって言われるの?

そもそもどうして二階氏は「中国の犬」「スパイ」と言われているんでしょうか…と言いたいところですが理由は明白過ぎます。

凄いんですこの人、自民党国会議員一律5000円をまとめて回収し、2020年7月に中国に寄付として送っているんです!

他にも中国に有利な政策や発言、基本の行動をしているため、完全に中国の犬と言われてしまっているのが現実になっているんです。

スポンサーリンク

親中の姿勢は臓器移植がカギなのか

それにしてもここまで中国の言いなりになってしまっていると、逆になにか理由があるとしか思えません。

後ほど触れますが、政治家としてはしたたかに順調に駆け上がった、ある意味では優秀な人物ですからこれはちょっともったいないわけで。

今の状況に陥ってしまったのは、実は「臓器移植」という言葉に隠されているらしいことが噂されています!

スポンサーリンク

二階俊博が中国の犬になったのは臓器移植からの脅し!?

この臓器移植の件、二階氏の親中にかなりの影響を与えているといいます、もちろん様々な理由を総合してですが。

いい意味で感謝して親中になった点、悪い意味で弱みを握られて脅されている点など、沢山の要素が今回の臓器移植には隠されていました。

では実際、二階氏がお世話になった臓器移植についてを見ていきましょう。

 

奥さんの臓器移植を中国で

2006年、二階氏の奥さんは末期の肝臓がんということで移植がどうしても必要になっていました。

そこにある中国人が現れ、中国軍が管理している病院にて、肝臓移植手術が行われたんです。

手術が成功し、奥さんも回復したということで、完全に命の恩人である中国に頭が上がらなくなってしまった、というのが真相ですね。

スポンサーリンク

二階氏の奥さんについてもう少し詳しく!

二階氏の愛する妻、最大の仕事のパートナーとも言える怜子さんは幼馴染でした。

若かった頃は四畳半の小さいアパートで二人暮らしをしており、苦労しながらも幸せだったことが伺えます。

しかし2018年12月に死去、患っていた癌には勝つことができませんでした。

スポンサーリンク

中国人のスーツの男から脅迫?!

これはあくまで明確なものではない情報ですが、なんと過去に二階氏が中国人のスーツの男から脅迫されていたという情報もあります。

なんでも中国人のスーツの男が、書類関係と引き換えに「口利き」をして欲しいとのことで、実際に取引をさせられそうになったとのこと!

週刊誌の報道であり、実際にニュースにはなっていないため、真実は藪の中になってしまいましたが、これは親中派になる理由として納得です。

スポンサーリンク

二階俊博って若い時はとてもしたたか!利権ってどうなってるの?

若い頃の苦労は買ってでもしろ、という言葉がありますが、特に過去の政界では少しでも横の繋がりを作ることに必死でした。

二階氏は今でこそ老害、中国の犬、スパイなんて言われていますが、若い頃はなかなかに苦労して現在の地位を掴んでいました。

その分得られる利権も相当に大きいものになっていましたよ。

スポンサーリンク

二階俊博は若い頃には先手先手をとっていた!

政治家に必要なのは先見の明です、未来予想がある程度出来る人間でなければ政治家は務まりません。

そのため政界では、先見のスピードがものを言う世界となっていました。

加えてちょっとした差し入れなどをマスコミに配るなど、政治家として必要なものの1つ、パイプラインを太くしていっていたんです。

 

旅行に関する団体の長!GoToで大きな利権

二階氏は日本全国の旅行団体の一番偉い人になりました、このあたりから大きな利権を相当得ていることもわかりますよね。

特にGoToでは相当おいしい利権があったためか、GoToの延長まで要請しています。

あくまで国民のためという姿勢ですが…素直にみることができませんね。

スポンサーリンク

二階俊博の若い頃は?中国の犬やスパイと言われる理由や臓器移植に関する内容も調べてみた!まとめ

二階氏は若い頃、横のパイプを広げ高い地位まで上り詰めたトップの資質が高い政治家でした。

しかし中国に情報などを結果的に握られてしまい、今は中国の犬と言われるような状態に陥っています。

 

関連記事

>>> 二階俊博に「辞めろ」の声多数!なぜ力があるのか、老害扱いの幹事長の謎にせまる

>>> 【二階俊博】息子の学歴まとめ!大学はあの有名大卒?長男は過去に落選していた…?

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 詳しくみる

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ みんなが気になる特集記事

  1. 花粉症対策グッズ おすすめ

▼ 一番読まれている最新美容情報

PAGE TOP