気になる話題

【大炎上】スシローのやらかしまとめ!違反おとり広告からビール半額売り切れで終了のお知らせ

スシローの炎上方法とは!?

大手回転寿司チェーン「スシロー」のやらかしがすごいと話題になっています。

スシローの炎上方法とは一体どんな方法なのでしょうか!?

過去に問題になった広告違反から、最近話題のビール半額事件まで、徹底的に解説していきます!

違法なおとり広告で消費者庁から措置命令?

事の発端は2021にさかのぼります。

スシローは「新物!濃厚うに包み」「とやま鮨し人考案 新物うに 鮨し人流3種盛り」「冬の味覚!豪華かにづくし」(21年9月〜12月)と題し、3つのキャンペーンを開催しました。

テレビやCMで広告を掲載、Webサイトでも宣伝し大きな話題を集めました。

うにやかになどの人気商品がお手頃な価格で食べれるとあって、予想を超える集客が期待できたでしょう。

しかし実際には、販売期間中に早期に完売し販売できなくなったり、早期の完売を予想して販売を一時停止したりしていたのです。

こうした在庫不足によって終日提供できない日が最大で4日間続き、対象店舗のなんと9割がこれに該当しました。

これはいわゆる”おとり広告”にあたり、消費者庁は運営する「あきんどスシロー」に対し、景品法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を出しました。

そんなスシローの対応とは

この問題を受けスシローは公式サイトで、「お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪します。

各店舗に掲示されたポスターなどでは、「一日数量限定」「売り切れ御免」「商品の入荷状況、売れ行き状況により早期完売となる場合がございます」などの早期完売の可能性があることを明記していたものの、「お客さまへの告知が不十分であった」と説明しました。

完売となっても、ホームページや店頭での表示について停止するなどの措置をとらないまま、告知としては不十分なものになってしまったのです。

この一件からスシローでは、広告表現の見直しや、景品表示法に関する研修を実施し、再発防止に努めました。

今年7月には監査委員がまとめた調査報告書を公表し、役員3名の報酬カットなどの処分も行っています。

ビール半額と宣伝するも売り切れ?

そんなスシロー、今年7月から開催の『何倍飲んでも「生ビールジョッキ」半額キャンペーンに関するお詫びとお知らせ』と題し、またもや謝罪文を掲載しました

またもや売り切れ、広告違反をしてしまったのでしょうか?

いつから開催するか明記せず、クレーム殺到

実はこの問題、店内に大々的にポスターを掲示し宣伝していたにも関わらず、キャンペーンの開催日が明記されずクレームが殺到したというものです。

店内にポスターが貼ってあれば、キャンペーン期間中なのだと考えるのが当然です。

誤って購入してしまった客には、差額を支払う対応をしたといいますが、返金すればいいという話ではないのが正直なところです。

ポスターを掲示した現場のミスのような出来事にもとれる今回の騒動。

なんと31店舗で掲示していたことがわかっており、現場のミスとは言いがたい事態となっています。

このような誤解を招く広告にはもう懲りたはずだが、企業の体質の問題と捉えられてもおかしくないといえます。

そんなスシローにネットの反応は?

 

このように厳しい意見が多く見られます。

スシローのやらかしまとめ

”スシローのやらかしまとめ”いかがでしたか?

おとり広告を狙って行ったかはわかりませんが、問題が短期間に2つも起こると誤解を招いても仕方がありません。

”懲りないスシロー”と再び炎上しないことを願うばかりです。

 

関連記事

>>>【闇】モンテローザのパクリ一覧!ひどすぎるパクリに閉店ラッシュも同情の声なし!

>>>【悲報】セブン弁当の底上げ問題がどんどん深刻になっている件

>>>ステルス値上げされた商品一覧まとめ!あのお菓子もやられてた!その言い訳も調査!

 

この記事が面白い、参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP