女優

【写真】熊田曜子の旦那は関東連合反社で博報堂社員?ご飯を食べないモラハラ男で炎上!

 

 
▼ 熊田曜子の超絶エ◯ス写真集

熊田曜子写真集「gm37」 [ 門嶋淳矢 ]

 
5月21日、熊田曜子さんの旦那が、熊田さんへの暴行容疑で逮捕されたという衝撃的なニュースが入ってきました!

熊田曜子さんの旦那と言えば、関東連合反社で勤め先は博報堂なのではとネット上で噂されていますが、実際はどうなのでしょうか

さらに、旦那は熊田曜子さんが作ったご飯を食べないモラハラ男だと炎上していますよね。

そこでこの記事では、熊田曜子さんの旦那の写真を交えて、旦那にまつわる噂の真相や、旦那のモラハラな一面について詳細をまとめていきます。
 

【スポンサーリンク】

 

【写真】熊田曜子の旦那は関東連合反社ってホント?


熊田曜子さんの旦那は一般人なので、詳しい顔写真はありませんでしたが、164cmの熊田曜子さんよりも身長が高い男性だとわかりますね。

この旦那、関東連合・反社だとネット上でよく検索されていますが、事実無根の噂だとわかりました。

プロフィールが謎に包まれているため、憶測で話が大きく膨らんでしまったようです。

ではなぜそのような噂が出回ってしまったのでしょうか。

これには島田紳助さんの存在がありました。

 

噂は紳助のせい?


妻である熊田曜子さんは、かつて島田紳助さんがMCを務める番組に度々出演していたため、紳助さんと熊田曜子さんは親しい関係だと言われていました。

紳助さんは、後に暴力団関係で芸能界を引退することになったので、近しい関係だった熊田曜子さんの旦那までも反社だったのではと疑われるようになったのです。

旦那はとばっちりを受けたのですね。

実際はそのような事実は確認できなかったので、この噂は全くのデマだとわかりました。
 

>>> 【島田紳助の現在画像】収入や住まいは?射殺された謎の都市伝説の真相に迫る

【スポンサーリンク】

 

博報堂社員だった?


結婚時の報道で、熊田曜子さんの旦那は年収1,000万円以上の広告代理店に勤める一般人だと言われていました。

この情報から、旦那は博報堂、もしくは電通の社員では?と噂されていたのです。

どちらも日本を代表する大企業ですよね!

大手の広告代理店で、平均年収が1,000万円を超えるのが電通・博報堂の2社のみとなっています。

それ以外は平均年収1,000万円に到達していないのですね。

よって、旦那は博報堂か電通の社員だった可能性が濃厚です!

しかし、現在は年収1,000万だった会社を退職しています。

 

熊田に内緒で勝手に起業

結婚した時はエリート会社員だった旦那ですが、実は熊田曜子さんも知らないところで勝手に広告代理店を退社し、自ら起業していたのです。

これはさすがに驚きますよね。

ひと言くらい相談があっても良さそうですが…。

この事実が発覚したのは、熊田曜子さんが「最近旦那は別の場所に出勤している」と気が付き、旦那に「どこに行くの」と質問したからだと言います。

そこで初めて会社を辞めていたことを知ったのです。

起業してからはお給料の額も教えてもらってないとのことなので、旦那には秘密主義なところがあるようですね。

熊田曜子さんはこの出来事をテレビ番組で暴露していましたが、旦那が会社を辞めて起業したと知ったときは困惑したのではないでしょうか。

夫婦間であってもこまめな報告・連絡は必要ですよね。
 

スポンサーリンク

 

旦那は作ったご飯を食べないモラハラ男

家族のために、旦那は起業した会社で頑張って仕事をしていますが、実は、熊田曜子さんが作ったご飯を食べないというモラハラな一面があります。

過去に、熊田曜子さんがインスタのストーリーに、これに対する愚痴を上げていたのです。

 

インスタストーリー画像1

 

×印がつけられたご飯の写真には、手の込んだ料理が並んでいますよね。

旦那が食べると言ったのに、全く手を付けられていないと作った方は悲しくなりますね。

さらに100回は経験していると書かれているので、熊田曜子さんはずいぶん耐えてきたんだなとわかります。

別の日にも同じように旦那にご飯を食べてもらえなかったという内容のストーリーを載せています。

 

インスタストーリー画像2

 

ご飯を食べてもらえないモラハラ行為は、日常的に行われていることを示していますね。

 

シンプルな料理が好き?

熊田曜子さんがいつもより手の込んだ料理を作ったとき、旦那は「俺は刺身とかサラダとか切っただけのものが好き」と言い、一切食べなかったというエピソードもあります。

さらにある時は、熊田曜子さんが作ったものは食べずに、カップラーメンを食べていたというので驚きです。

ここまでされるともうご飯を作る気も起きませんよね…。
 

スポンサーリンク

 

他にもあった!モラハラの一面

作ってくれたご飯を食べないというモラハラな一面がありましたが、実は他にも怪しいエピソードが出ていました。

 

深夜の帰宅


旦那が、飲み会などで深夜に帰宅することがあったそうですが、その時の騒音が気になると熊田曜子さんはインスタで愚痴っていました。

 

インスタストーリー画像3

 

この内容からして子どもを頑張って寝かしつけたのにも関わらず、深夜の旦那の帰宅の音で子どもが起きてしまったのでしょう。

子どもは一回目が覚めるとなかなか眠ってくれないですよね。

仕事と家事をこなしながら、育児も担っている熊田曜子さんからすると頑張りを台無しにしないでくれという気持ちになるのはわかります。

旦那は酔っているとはいえ、もう少し家族のことを気遣ってほしいものですね…。

 

夜泣きに八つ当たり

YouTubeで熊田曜子さんが鈴木紗理奈さんと対談をした時、子どもの夜泣き中に起こった旦那とのエピソードを語っていました。

第一子が生まれて間もない頃、熊田曜子さんが夜泣き対応中、旦那だけ眠っていたので、熊田さんがキレてしまったそうです。

それに対して、旦那は起き出したかと思うと、壁を蹴り始め「○○ちゃんばっかり!」と娘の名前を言いながら怒り始めたと言います。

旦那は、自分がかまってもらえないのが不満だったかのような行動ですね。

熊田さんはこの一件から「旦那は子ども」と思うことにしたそうです。

ふだんの旦那は感情の起伏が少ないとのことなので、旦那も相当イライラしていたのかもしれません。

ただ、熊田曜子さんも旦那もその子どもの親なので、育児をどちらかだけに押し付ける行動は良くないですね。

 

常に女らしくいてくれという願望


熊田曜子さんはバラエティー番組に出演した際、旦那から家の様子を暴露される瞬間がありました。

その旦那からの言葉には、
 

 
・授乳した後、胸が出たまま寝ている

・そのため最近妻の体を見てもテンションが上がらない

・女らしくしてください

 

とあったのです。

バラエティー番組でのコメントだったので、笑いをとるためなのかもしれませんが、正直授乳中では仕方ないことなのではと思えますよね。

奥さんが寝落ちしないで済むくらい、家事・育児に時間をかけてあげるか、仕事などでできないのであれば、そっとしておいてあげるのがベストですね。

このように、旦那には自分中心でモラハラな一面があることがわかりましたが、さらに、旦那の母親もモラハラではないかと噂されています。
 

スポンサーリンク

 

義母もモラハラを

熊田曜子さんから見た、義母(姑)もモラハラ言動をしていたことが発覚しました。

 

インスタストーリー画像4

 

これに関しては、熊田曜子さんだけでなく、熊田さんの実の母親も被害にあっていますよね。

姑側もふだんから熊田さんに対して、鬱憤が溜まっていたのかもしれませんが、実母に向けて1時間のダメ出し電話はきつすぎます…。

1時間も娘のことを悪く言われ続けるのもしんどかったでしょうね。

旦那の家族は、親子そろってモラハラ気質がありそうです。
 

スポンサーリンク

 

旦那のモラハラに対して世間では

 

 

 

 

中には、熊田曜子さんが以前から旦那のモラハラ言動をインスタのストーリーに上げていたため、今回の暴力沙汰も「やっぱりそういう人だったか」というコメントも見られました。

それだけこのモラハラ言動が世間の印象に残っていたということですよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上この記事では、熊田曜子さんの旦那の写真を交えて、旦那にまつわる噂の真相や、旦那のモラハラな一面について詳細をまとめたものになります。

旦那が、関東連合や反社であるのは事実無根だとわかりましたが、熊田曜子さんに対するモラハラ言動は想像以上ですよね。

今回の暴行についての今後の対応は、現在協議中とのことです。

熊田曜子さんが被害届を取り下げていないことからも、離婚に向かって話が進んでいくのではとみられていますね。

 

 
当記事の情報の一部は雑誌の内容をもとに執筆しています。U-NEXTでは70誌以上、FODプレミアムでは120誌以上もの雑誌が読み放題なので、記事内容に興味のある方や、月に1冊以上雑誌を購入されている方は、こちらのプランが断然お得です(無料お試し期間付き

>【雑誌読み放題】U-NEXTとFODプレミアムどっちを選べばいい?

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP