お笑い芸人

明石家さんまの日航機墜落事故と虫の知らせとは?有名人で他にもいる?

1985年8月12日に起こった「日航機墜落事故」。乗客乗員524名のうち520名が死亡するという大惨事は、世界史上最悪の死者数を出した航空事故でした。

この羽田発大阪行き日本航空123便に搭乗予定だったお笑いタレントの明石家さんまさんが九死に一生を得たエピソードは有名どころ。しかしこの他にも搭乗予定だった有名人がいたことはあまり知られていません。

この記事では、
 

「日本航空123便に搭乗予定だった明石家さんま」
「この他にも搭乗予定をキャンセルした有名人がいた!」

 

について詳細にまとめたものになります。こういった良くないことから逃(のが)れることを「虫の知らせ」とも言いますが、この虫の知らせで生死を分けた有名人を紹介していますので是非最後まで読んでみてくださいね!
 

日航機墜落事故から免れた明石家さんま

明石家さんま 日航機墜落事故 虫の知らせ
 
お笑い芸人ビッグ3として今もなお現役で活躍している明石家さんまさんですが、彼もまた「日航機墜落事故」を起こした日本航空123便に搭乗予定の一人でした。

本来であれば、「オレたちひょうきん族」の収録を終え、大阪に移動し「ヤングタウン」の収録に参加予定でした。それが「オレたちひょうきん族」の収録が予定時間より早く終わったことからいつもより1便繰り上げ、全日空に変更。そして「日航機墜落事故」を免(まぬが)れたのです。

そして、明石家さんまさんの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」はこの経験から由来されているとも言われています。娘さんのIMARUさんの名前の由来ともされていますね。ちなみに、元奥様の大竹しのぶさん曰(いわ)く「いまをいきる(今を生きる)」から由来しているとも述べています。
 

日本航空123便に乗った坂本九


 
日本航空123便に乗らなかった人もいれば予定通り搭乗し、あの悲惨な事故に巻き込まれた人もいます。それが歌手の坂本九さん。しかし、いくつもの直前の変更や分岐点からこの結果を招くこととなったのです。

坂本九さんは、12日に広島で番組を収録。13日、大阪での友人の選挙応援に行く為、当初は車で大阪に向かう予定でした。それが急遽歌番組の司会に代役として勤めることになった為、いったん帰京。東京から大阪に向かうことに。

さらにいつもであれば、ANAを使っていたのに、この日、席を確保することができず仕方なくJALの123便に搭乗したとのこと。
 

虫の知らせか⁉当日飛行機に乗らなかった有名人

 
虫の知らせとは、「よくないことが起こりそうであると感じること」。この虫の知らせの「虫」とは、昔の人の考え方で、人間の体内に棲み、意識や感情にさまざまな影響を与えると考えられていたもの。潜在意識や感情の動きを表します。つまり自分の意識ではどうすることもできず、無意識化の中で何か悪い予感を感じ取るということ。

ここに「虫の知らせ」と表現できるような出来事があります。それが有名人ではありませんが、一般の方で日本航空123便をキャンセルした一般人のMさんのエピソード。

Mさんは搭乗直前にキャンセルしています。というのも、荷物を預ける段階になって、Mさんは、急に手が震え、足が全く前に進まなくなったといいます。Mさんは、何か感じるといつも体が固まって動かなくなるので、「乗りたくない」と感じ一緒に旅行していた友人に事情を話し了承してくれたのでした。

そして次に日本航空123便に搭乗予定だったのにキャンセルした有名人を紹介していきますね。
 

①稲川淳二

 
稲川淳二さんも日本航空123便をキャンセルした一人です。この日、直前のテレビ番組の収録中になぜか立っていられないほど体調が悪化。翌日の新幹線で大阪に向かうスケジュールに変更されました。

その一方で、同じ番組を手伝っていた美容研究家の和田浩太郎さんは、収録後そのまま羽田に移動。収録が早く終わったことから本来乗る予定でなかった日本航空123便に変更し「日航機墜落事故」の犠牲者の一人となりました。
 

②逸見政孝

 
逸見政孝さんは家族で実家の大阪に帰省する予定で搭乗予定でした。

しかし、予約をしようとしたところ、満席だったことと、奥様が「4人で飛行機に乗って、もし事故でも起きたらどうするんだい」という一言、そして長男の「新幹線の方が安い」ということで新幹線に変更されました。

余談ですが、長男の太郎さん曰(いわ)く、奥様の方の祖母は霊感があるような不思議な存在だったと明かされています。それが直接関係しているとは考えにくいですが、不思議なエピソードです。
 

③浅見れい

 
浅見れいさんは、元宝塚歌劇団。劇団を4月に退団後、女優活動で搭乗予定でした。しかし明石家さんまさんと同じように、仕事が早く終わったことから1便早い飛行機にのって事故を免れました。
 

④ジャニー喜多川・少年隊

 
ジャニー喜多川さんと少年隊のメンバーは、この日、近藤真彦さん主演の舞台に応援に向かう予定でした。しかし、ジャニー喜多川さんに初日に近藤真彦さんが開く記者会見に来てほしいとのことで急遽前倒しで大阪入り。少年隊のメンバーは搭乗をキャンセルし東京に残ったとのこと。
 

⑤笑点メンバー

 
笑点メンバーは、13日の徳島の阿波踊りに参加する予定でしたが徳島便が遅延。更に徳島空港が悪天候のため予約便が条件付き運行。

模索しているなかで、日本航空123便に搭乗して神戸から船で徳島入りする案がでましたが、林家こん平さんが、

「いいじゃないかい、決まった便でゆったり行こうよ、きっと徳島空港に着陸できるよ」

と提案し徳島便に変更されました。

ちなみに当時の笑点メンバーは、三遊亭円楽さん、桂歌丸さん、林家木久蔵さん、林家こん平さん、三遊亭楽太郎さん、古今亭朝次さん、山田隆夫さんです。
 

⑥深田恭子

 
これはあまり情報がないのですが、当時2歳だった深田恭子さんも日本航空123便に搭乗予定だったのこと。しかし、たまたま東京モノレールが遅延した為、次の便の飛行機に変更されました。
 

まとめ・生死を分けた日本航空123便

 
以上が
 

「日本航空123便に搭乗予定だった明石家さんま」
「一方で搭乗した坂本九」

さらには「この他にも日航機墜落事故から免れた有名人」にも触れ
まとめたものになります。
 

調べてみると明石家さんまさん以外にも搭乗をキャンセルした有名人がこんなにもいたことに驚きです。

搭乗をキャンセルした皆さん、それぞれ様々な理由や変更が重なり…こういったことが虫の知らせというのでしょうか。目には見えない、形にはできない不思議な縁を感じます。

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP