気になる話題

やしろあずき=三角コーンはなぜ?会社まで作っちゃったってマジ?

三角コーンを送りつけられることで有名な漫画家やしろあずき。
やしろあずきといえば三角コーン。
どうして彼は三角コーンを大量に送りつけられるハメになったのか。
そして、送りつけられた大量の三角コーンを発端に、会社を設立したという話は本当なのか。

この記事では、サクセスストーリーとも言える、ちょっと笑える嘘みたいな本当の話をご紹介する。

やしろあずき、大量の三角コーンを送りつけられる

発端は、やしろあずきの誕生日のこと。

彼は、Amazonのほしい物リストを利用して、PS4などの品物をフォロワーに贈ってもらおうと画策した。
そこには、本当に欲しいものと、欲しくもない「三角コーン」とを晒した。
欲しいものの中に、どうでものが混じっていると効果的だと、ある有名配信者に助言されたからだ。

結果、それを見たフォロワーから、欲しくもない三角コーンが大量に、しかも続々と彼の自宅に配送されることとなった。

定期的に送りつけられる三角コーン

誕生日が過ぎても、三角コーンは定期的に送りつけられるという事態が発生。
Amazonほしい物リストから、三角コーンを消去しても事態は変わらない。

今では、三角コーン専門の送付先がある。
誰でも送りつけてOKということだ。

彼一人に集まる三角コーンは、今なお確実に増えている。

拡大する三角コーン包囲網

「大量の三角コーンに埋もれるやしろあずき」という、滑稽さや物珍しさが、さらに話題を呼んだ。

やしろあずきに三角コーンをプレゼントするという、趣旨がよく分からない企業キャンペーンが企画され、一度に100個もの三角コーンが贈呈される。
また、複数の企業から合同で、お中元として三角コーンを贈呈される。

やしろあずきが、「もういらない。やめてくれ。」と懇願しているのにも関わらず。

対してやしろあずきは、三角コーン配布イベントを企画し対抗するなど、
その集客にも目を見張る物があった。

彼の行く先々に、常に三角コーンの影がある。

やしろあずきといえば三角コーン

Twitter内では、三角コーンのことをやしろあずきと呼ぶ子供も拡散され、
それが多くの人の共感を生んだ。

子供大人を問わず、三角コーンからやしろあずきを連想せざるを得ない状況だ。

これはもう社会現象と言っても過言ではない。

送りつけられた大量の三角コーンで会社設立

「三角コーンといえばやしろあずき」というキャッチフレーズが広まるにつれ、
その有り余る三角コーンを活用したいという依頼も増えていった。

そしてついに、送りつけられた三角コーンが事業化に発展した。
工事用品レンタルを事業目的の一つとする会社を設立したのだ。

何気に晒した、本当は欲しくもないリストが、フォロワーによりここまで広がり、
社会を動かすまでになった。

SNS時代を象徴する出来事だ。

こうして、やしろあずきは漫画家としてだけではなく、実業家としても成功を収めることとなった。

まとめ

なぜやしろあずきといえば三角コーンと言われるようになったのか。
その経緯と、三角コーンで会社を設立したって、まじ!?の真偽を探ってみた。

やしろあずきと、彼を取り巻く人たちのユーモアと遊び心。
それが、たくさんの人たちの心をくすぐり、会社設立まで成し遂げた。
一風変わったサクセスストーリーが存在したのだ。

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、
下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP