グレタ 演説中国忖度

気になる話題

 

グレタさんの演説と中国忖度がひどすぎて怖い・嫌いな理由を集めてみた…

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 
グレタさんと聞いて思い出す方もいるかもしれませんが、2019年9月23日ニューヨークで開催された国連・気候変動サミットでの演説。

当時16歳だったグレタさんの抗議演説がニュースで放送され、大きな話題となりました。

様々なところで演説やインタビューなどを行い世界規模の批判をする中、中国には忖度しているという噂がネットに出回っていてそういう彼女が怖い・嫌いということまで書かれていたり。

忖度はデマなのか・嫌いという理由等を今回は探ってみたいと思います。

【スポンサーリンク】

グレタさんの演説

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 

彼女がストライキ行動(学校への登校拒否)演説などを始めたのは2018年後半頃。

2011年に気候変動についての状況を知り、とても疑問を抱いたと。

なぜこのことについて対策がなされていないのかが理解しがたく落ち込み、何も出来なくなってしまいました。

あまりの無気力さに病院で診てもらい、ある診断結果が判明します。

彼女は診断された症状を受け止められず逆に『スーパーパワー』と呼ぶようになりますが、それは後ほどお伝えしますので演説についてを先に進めますね。

それからは家族にも菜食主義を要求したり、従来のリサイクルではなく不要な製品をより良く品質・環境価値のある新しい製品変換していくべきだと考えるように。

飛行機にも搭乗せずにいれば排気等による環境破壊を無くせるなども要求したそうです。

気候変動に関しての活動は意欲的になっていきました。

2019年5月には『気候変動への抗議スピーチ集』まで出版しその収益金は慈善団体に寄付しています。

そしてグレタさんが知られるきっかけとなった2019年9月23日 国連での気候変動サミット。

16歳の少女の怒りが込められた渾身のスピーチは日本でもニュースで放送され、印象強く残っているのではないでしょうか。

彼女は「大人たちによって子供の未来が危機にさらされている、世界のCO2排出量を10年で半分にするべき」と強く述べていました。

【スポンサーリンク】

グレタさん 中国忖度が怖い?

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 

中国忖度がひどくて怖いという噂がネットにありますが調べた結果、デマということがわかりました。

彼女は国を特定して差別化する発言はしていません。

世界の中で大量排出をしている国はいくつもあり、そういった国は状況に正しく対処していないからこそ悪化していくことが問題なのだと話しています。

ただ、気候変動に関わる良くないデータなどが発表された際は抗議の投稿をしていますがどこかの国だけ特別扱いは無いということが言えます。

ですので忖度している彼女が怖いということも誤解からくるものになりますね。

グレタさん ナゼ忖度するの?

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 

デマなので忖度はしていないということになります。

このような活動をしていると何かと色々なことを書かれがちだと思いますが、憶測というものからあらぬ方向に広がってしまうことも多いので著名人などは大変ですよね。

グレタさんのこと

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 
先述で彼女に、ある診断結果が判明という部分がありましたがそのことについてはアスペルガー症候群・強迫性障害・選択性緘黙(せんたくせいかんもく)という診断結果でした。

アスペルガー症候群:発達障害の一つですが社会性やコミュニケーションなどの障害で、物事にこだわったり感覚が過敏というのが特徴となります。

強迫性障害:不安やこだわりが強いことによっておこる病気で、自身でわかっていながら気になって何度も同じ確認などをしないといられない・考えてしまうと止まらないという症状。

選択性緘黙(せんたくせいかんもく):言語能力は正常なのに特定の選択された場面(学校他)・人に対して話すことが困難になることを場面緘黙(ばめんかんもく)とも言われています。

自身ではアスペルガー症候群のことを病気ではなく才能の1つで誇りに感じていると語っています。

アスペルガーであるからこそ他の人とは違う目線で世界を外側から見られるのだと。

■■■ グレタ・トゥーンベリ ■■■

職業・肩書】:環境活動家

生年月日】:2003年1月3日

出身地】:スウェーデン・ストックホルム

 
2011年に気候変動のことについてを始めて知り、なぜそのための対策を世界規模ではまだやっていないことに大変ショックを受け無気力に。

診察を受け、アスペルガー症候群・強迫性障害・選択性緘黙(せんたくせいかんもく)と判明。

菜食主義に変わり、不要になったもののリサイクルには現在の方法ではなくもっと上を目指し家族にも様々食事や行動など要求するようになり、環境活動を開始。

気候変動に関しての対策を講じるよう色々駆使して訴える活動や国連をも相手に演説も。

この国連での気候変動サミットで世界中に放送され名が知られ、支援している著名人も多い。

スポンサーリンク

グレタさん 嫌いな理由を集めてみた

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 
彼女への世間の見方は、それぞれという感じですが批判的な声も少なくありません。

【なぜ嫌いなのかの理由 】

◆グレタさんの表情が怖い

◆グレタさんの言葉遣いが嫌

◆グレタさんの態度が高圧的なところ

◆グレタさんの顔が生理的に無理(これに関しては個人的なものですよね)

◆グレタさんの話に矛盾があるから

等々…

 
演説の時は真剣なため大体が笑顔がなく、しかめっ面になっていることが多いので威圧的な感じを受けてしまいがちですね。

そして、このような批判に対して懸念している方もいます。

気候変動・環境自体のことは問題にせず、グレタさんの批判ばかりするのは違うのでは?という意見も多くありました。

問うべきことはそこにあるというか。

 

 

 
生まれた場所や環境も違えば考え方や感じ方も違うので様々ですよね。
何かを発信するということは大変な勇気と覚悟が、やはり必要なのかもしれません。
 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 
グレタさん演説 中国忖度ひどい
 
今回は環境活動家のグレタさんについて、【グレタさんの演説と中国忖度がひどすぎて怖い・嫌いな理由を集めてみた…】と題してお伝えしました。

彼女の発言や抗議などをする度に何かとバッシングされています。

しかし、中国に忖度しているというのはデマでしたのでそのことでは彼女自身を怖がることは必要ないということになります。

SNSでグレタさん嫌いという投稿が多い理由については、個人的思考や・彼女の演説の態度・発言内容の矛盾など色々でした。

最後までご覧くださりありがとうございました。
 
この記事が楽しい!参考になった!と思われましたら下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP