アントニオ猪木 退院

スポーツ選手

 

アントニオ猪木の現在が嘘でしょ!?退院後の姿年齢感じず

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

アントニオ猪木さんと言えば、2019年頃から病気を患い入退院を繰り返していましたよね。

 

闘病生活中は、YouTubeを撮影し入院先から投稿をしていました。

そして2021年8月28日に退院したことを発表されています。

 

そんなアントニオ猪木さんですが、退院発表動画では78歳という年齢とは思えない姿をしていました。

一体何があったのでしょうか。

 

そこで今回は、アントニオ猪木さんの現在の姿や病気についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

現在のアントニオ猪木の姿が別人?退院後は年齢感じず元気が元通り!

アントニオ猪木 退院
 

元プロレスラーのアントニオ猪木さんといえば、「元気ですかー!」でおなじみですよね。

そして、誰しも健康的でパワフルな声で元気な人というイメージを思い浮かべると思います。

 

しかし、2019年秋ごろから病気であることが発覚しました。

そこからは入退院を繰り返しています。

 

2020年2月にはYouTubeチャンネル「最後の闘魂」を立ち上げ、闘病する姿や過去を振り返ったり、落ち込んでいる人を励ましたりと視聴者に元気を届けていました。
 
アントニオ猪木 退院
 
その動画の中のアントニオ猪木さんは、病気との戦いで体はやせ細り、顔色も悪くなっていきます。

 

2021年2月には78歳という年齢になるアントニオ猪木さん。

今までテレビなどで映る姿とはかけ離れ、同一人物とは思えないほどでした。

時に「本当はもっと大きな声で『元気ですかー!』と言いたい」と言っていたほど声も枯れていました。

 

そんなアントニオ猪木さんですが、2021年8月28日に退院したことを動画で発表しています。

動画内のアントニオ猪木さんは、なんと別人のようになっていました。

 

入院中は、いかにも病気であることが分かりました。

 
アントニオ猪木 退院
 

ですが、闘病生活でやせ細ってしまった体だったはずのアントニオ猪木さんですが、退院後は入院をしていたのが嘘のように元気な姿になっています。

ただ、まだまだ本調子というわけではなく、「徐々にリハビリをして元気になってきています」ということ明かしました。

その後には、笑顔で「1、2、3、ダーッ!」と声を出していました。

 

アントニオ猪木さんには以前のような元気なアントニオ猪木さんに戻ってほしいですよね。

 

また、動画では半年ほど前の闘病が嘘かのような力強さがあるアントニオ猪木さんの姿が多くの人に拡散され、驚きや祝福の声が上がっており、「復活して嬉しい」という声や「生命力がすごい」といった声が多くあります。

中には、「あの状態から復活できるなんて」というような声も上がり、まさに「燃える闘魂」</span>というコメントもありました。

 

【スポンサーリンク】

アントニオ猪木が2019年から患っていた病気は何だった?入退院と3つの病気

アントニオ猪木 退院
 

2021年8月28日に退院を発表し、無事退院することができたアントニオ猪木さんですが、一体なぜ入院をしていたのでしょうか。

ここでは、その原因をご紹介していきます。

 

心アミロイドーシス

 

アントニオ猪木さんが2019年秋頃に患った病気は、「心アミロイドーシス」という病気です。

Twitterでは2020年7月26日に公開していました。

 

心アミロイドーシスは、一部のたんぱく質が正常に折りたたまれないことでアミロイドという異常な線維を形成し、特に心臓に多く沈着することで心臓の機能障害を起こす病気です。

心アミロイドーシスは心臓に沈着する病気ですが、他にも肺や肝臓、脾臓、胃や腸、肝臓などに沈着することがあります。

 

また、動悸や息切れ、夜間就寝中の呼吸困難などの症状が発症します。

 

糖尿病

アントニオ猪木さんが現役だった当時、39歳頃に患ったとされるのが糖尿病です。

 

輿行を行うために行ったドバイで「体にだるさが残り、喉の渇きが絶えなかった」という症状がありました。

最初は暑さのせいだと思っていたそうですが、水を飲んでも喉の渇きは潤されず、すぐに喉が乾いたと感じました。

 

また、韓国を訪れた際には風邪を引き、なかなか収まりませんでした。

そのため、帰国後に病院へ行ったところ糖尿ではないかと指摘されます。

 

あんなに健康的なアントニオ猪木さんが糖尿病になった原因は、食事の量でした。

 

若い頃から体をつくるために「食べることが仕事」という風に、人の何倍も食べていたアントニオ猪木さん。

しかし、それがかえって体を悪くしました。

 

アントニオ猪木さんは糖尿病を押さえるために3週間入院をし、薬は使わずに食事制限とトレーニングで血糖値をおさえることに成功しています。

良かれと思ってやっていたことが体を悪くしていたと思うと辛いですよね。

 

腰椎すべり症

アントニオ猪木 退院
 

腰椎すべり症は、腰骨がズレてしまっている影響で脊柱管が狭くなり、背骨の後ろにある神経を圧迫されて症状が出る病気です。

 

アントニオ猪木さんは、腰椎すべり症をデビュー当時から患っていました。

そして、2009年9月には「極秘」として3週間の入院をし、治療を行っています。

 

ちなみにですが、極秘治療をしていたことが関係者の間で話題になり、「極秘」という部分だけでアントニオ猪木さんは重病で余命が3ヶ月と言われた時期もあります。

勘違いとはいえ、人の命なのでそう簡単に嘘を報道してほしくないですよね。

 

【まとめ】アントニオ猪木が退院後元気な姿で「1、2、3、ダーッ!」

今回は、アントニオ猪木の退院後の姿についてご紹介しました。

 

闘病で入院をしている際のアントニオ猪木さんはとても皆さんが知っているアントニオ猪木さんではありませんでしたよね。

 

ですが、わずか数ヶ月という間に78歳とは思えないような生命力で、皆さんが知っているアントニオ猪木さんに戻りました。

そして、YouTubeチャンネル「最後の闘魂」では、多くの人を励まし応援していたことが分かっています。

 

やはり、アントニオ猪木さんはいつまでもアントニオ猪木さんでしたね。

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP