お笑い芸人

 

雨上がり決死隊解散理由はYou Tube!?再結成の可能性があるのは本当?蛍原はイヤっぽい…

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

2021年8月17日をもって解散する「雨上がり決死隊」は宮迫博之さんと蛍原徹さんのコンビで構成されていました。

8月21日にYou TubeとAbemaの特別番組として「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」が放映され、この番組内で宮迫博之さんが解散を報告しています。

この後は宮迫博之さんはYouTuberとして、蛍原徹さんは今まで通り吉本興業に所属する芸人として活動することになります。

闇営業問題から亀裂ができていた2人で、宮迫博之さん側が再結成を求めていたのですが、どうやら蛍原徹さん側が拒否していたようで…。

詳しい内容をご紹介していきましょう!

 

【スポンサーリンク】

雨上がり決死隊の解散理由はYou Tube!?

雨上がり決死隊が現在解散してしまった理由には、基本部分として宮迫博之さんがYou Tubeで知名度が広がったことが挙げられます。

しかしそもそも宮迫博之さんがYouTuberになったのは、ご本人の闇営業問題から、既に雨上がり決死隊のバランスが崩れていたのは言うまでもありませんよね。

全体的な面からしか見えない現在には報道しない、様々な理由がこの解散には含まれていると言えるでしょう。

 

すべての始まりは闇営業問題

1989年に始まった雨上がり決死隊ですが、宮迫博之が2019年に、いわゆる反社会勢力などの会合で営業をする「闇営業」をしていたことが判明。

同年宮迫博之さんは所属していた吉本興業との契約を解消されて、雨上がり決死隊は宙ぶらりんの状態で今まで放置されることになります。

確かに雨上がり決死隊として活動するには蛍原徹さんも吉本興業との契約を破棄しなければならないため、一緒に仕事をすることができなくなります。

冠番組であったアメトーークは蛍原徹さんが続けていた為、あまりに急な処分となっていました。

 

宮迫博之YouTuberになる

さて、その後宮迫博之さんも自粛期間を終えて、自分ひとりでやっていける環境をつくりました。

それがYouTuberとしてのデビューを果たすということです、テレビに出られないならYouTuberとしてネットでの配信を選びました。

元々話芸が強かった宮迫博之さんは一気にブレイクし、また宮迫博之さんの奥さんも一緒に登場して収益は10億にも…!

しかし雨上がり決死隊としてテレビに再登場することを諦めていなかったと言います。

 

蛍原徹「雨上がり決死隊」を解散する決意をする

コンビの再結成を当初宮迫博之さんと同じく考えていた蛍原徹さんですが、宮迫博之さんがYouTuberになったところから考え方が変わったと言います。

やりたいことや芸風としての方向性の違和感やなんとも複雑な気持ちを抱え、2021年4月、宮迫博之さんに解散したほうがいいのでは、と提案。

結果として「雨上がり決死隊」という名前を外すことで、二人共割り切ってすすめるのではということに決めました。

そして今回の解散発表に至ったということです。

 

【スポンサーリンク】

雨上がり決死隊の再結成はある?蛍原徹はイヤ!?

気が早い話ではありますが、雨上がり決死隊の再結成はあるのでしょうか?

とりあえずの解散であれば、いつかは再結成の可能性はありますし、二人共再結成を夢見ているのでは?と思います。

しかし二人共この再結成についての考え方は正反対でした。

 

宮迫博之は諦めない!再結成したいみたい

宮迫博之さんはまだテレビにも未練がありますし、雨上がり決死隊にも愛着があるようで、再結成を諦めていないといいます。

特番のネット放送では、改めてホームに帰ってきた!という感情を表に出していました。

しかしネット上の声ではどうしても蛍原徹さんとのすれ違いのようなものを感じている人が多くいたのも追記しておきます。

逆に呆れてしまったと言われてしまっている宮迫博之さんの今後は果たしてどの様になっていくのでしょうか。

 

蛍原徹はもういや!?懲り懲りの可能性も

宮迫博之さんとの会見で、逆に視聴者側を味方につけたのが蛍原徹さん。

番組内ではまた2人で出られたら良い、というゲストの言葉にきっぱりと「今はそう感じない」と言う場面もありました。

優しい雰囲気という印象が強い人が多かったのか、だからこそここまで言わせる決心があるという印象を与えています。

確かにもうコンビは散々であり、1人でどうにかしていこうという意志を見ることができた配信でした。

 

スポンサーリンク

お世話になった芸人さん達は複雑な様子

雨上がり決死隊にお世話になっていたというケンコバや出川、FUJIWARAは複雑な気持ちで、この解散発表に参加していました。

「宮迫博之さんが雨上がり決死隊を解散させた」と言って泣き出してしまったFUJIWARAさんの話はニュースでも大きく触れられましたよね。

1989年から頑張ってきた雨上がり決死隊ですが、様々な後輩に影響を与えていたコンビだけに、実に残念な結果になってしまいました。

 

スポンサーリンク

まとめ

雨上がり決死隊の解散発表特番では、YouTuberとしての活動に疑問を持った蛍原徹さんが解散を申し出たということが発表されました。

確かにテレビや舞台でコンビとしてずっとやっていこうという方針からは大きく外れるため、違和感が出るのも納得です。

今後二人共違う道で頑張って欲しいですよね。

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP