バッハ会長

気になる話題

 

バッハ会長連日の失言で大炎上!中国国民のほうが大事なの!?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

元オリンピックフェンシング選手であり、現・国際オリンピック委員会第9代目会長のトーマス・バッハさん

フェンシングの選手としてオリンピックや大会に出場していた際には多くのメダルを獲得し活躍をしていました。

 

そんなバッハ会長ですが、2021年7月13日に東京五輪・パラリンピック組織委員会の事務所を訪れた際に「言い間違え」というなの失言をしました。

 

そして、バッハ会長が炎上しています。

また、その発言を聞いた中国国民は歓喜の渦を巻いています。

 

これはどういうことなのでしょうか。

そこで今回は、バッハ会長の言い間違え失言についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

【東京五輪】日本には興味なし?バッハ会長が「中国国民」と失言で大炎上!

バッハ会長 失言

 
2021年7月13日、国際オリンピック委員会会長であるトーマス・バッハさんがトンデモ発言で炎上しました。

 

13日の当日に東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の野田聖子さんと面会がありました。

その面会時に挨拶があったのですが、その際にバッハ会長は失言をしてしまいます。

 

バッハ会長は、

「ここまでの準備の整った大会はない。厳しい対策をとっており、日本国民にも万全だと確信して頂ける」

と語っていました。

 

ここまでは何の問題もない文。

 

ですが、挨拶の冒頭でトンデモナイ発言をかまします。

その内容は、

「最も大事なのは中国国民」

と言い間違えをしていました。

 

その後、すぐに「日本人」と言い直していましたが、その場は気まずい空気が漂っています。

 

ただ、バッハ会長も人間です。

多少の間違いはあって当たり前なのです。

さすがに言い間違えとは言え、日本に来てまで「中国人が1番」という発言は些かどうなのとも思いますが、仕方のなかったことなのかもしれません。

 

しかし、バッハ会長の失言はこれだけではなかったのです。

 

というのも、バッハ会長はたびたび日本のメディアに問題発言をしたと報道されていました。

そのため、今回だけでなく以前から幾度となく炎上をしています。

 

オリンピック会長だからといって問題発言や失言が許されるわけではありません。

せめてメディアに映る場面は言葉に気を付けてほしいですよね。

 

本当は違った!?過去の問題発言は誤情報!


 

過去に問題発言をしていたバッハ会長ですが、実際には「バッハ会長の問題発言」ではなく「日本メディアによる誤情報」だったのです。

 

誤情報と言っても日本メディアが、バッハ会長の発言から一部だけを抜き取り「日本人にこんなことを言っている」「日本人を大切にしていない」という記事を書いていました。

そして、それを見た人たちが誤解をしてバッハ会長に対して反発が起こったのです。

 

これは100%、バッハ会長ではなくメディアによる誤解です。

なのでバッハ会長は全然悪くありません。

 

ただ、まだまだ誤解をしている人たちも多く、そんな中あった「最も大事なのは中国国民」という失言は炎上をより大きいものにしました。

いくら実際には違う情報だったとしても、メディアから情報を得ている人からすると全てバッハ会長が悪いと認識してしまいますよね。

 

【スポンサーリンク】

中国は大切!だが日本には興味なし?

バッハ会長 失言
 

様々な問題発言があったと炎上しているさなかにあった「最も大事なのは中国国民」という発言で、さらに日本人を大切にしていないと思われているバッハ会長。

実際のところはどうなのでしょうか。

 

これについては様々な意見があり、

「疲れていて言い間違えたから仕方がない」という意見がある中、

「緊張感を持つべきだ」「東京よりも北京の方が興味がある」といった意見もありました。

 

オリンピック開催まで頑張ってきた分、やはり会長の身である以上疲れますよね。

その疲れが今回のこの失言につながったというのも分からなくはありません。

 

ただ、その失言は日本に訪問中にあったことです。

また、今のご時世でのあの発言です。

 

日本を大切にしていないと思われてもおかしくはありません。

 

なので、確かに疲れからくるものかもしれませんが、日本に訪問に来ている以上、多くの人目に付く場だけでも緊張感をもって発言をしてほしいとも思いますよね。

でないと、さらに炎上を招くことになります。

 

日本に興味がないと思われる発言


 

実のところ、バッハ会長は日本の緊急事態宣言について何も知りませんでした。

 

そして出た言葉が、

「緊急事態宣言はどういうことなのか。それが五輪・パラリンピックにどのようなインパクトをもたらすのか、お話を伺いたい」

との発言。

 

この発言から、日本よりもオリンピックを優先しているような発言にとらえることができますよね。

また、日本に訪問するにあたって事前な把握をしていないことが分かります。

 

これは、どちらにも問題はあると思いますが、訪問する以上は事前な下調べをしていてもおかしくはありませんよね。

そんな中、追い打ちをかけるような今回の言い間違えは「日本には興味がないよ、関心がないよ」と言われている気分にもなります。

 

さらに、東京で3回目の緊急事態宣言が出されていることに対して、「オリンピックには関係ない」といった発言もしていました。

これは、「オリンピックができれば何でも良い」と考えている可能性も無きにしも非ずなのではないでしょうか。

 

【まとめ】バッハ会長は日本に興味がない可能性がある

今回は、バッハ会長の「最も大事なのは中国国民」という失言についてご紹介しました。

 

バッハ会長も疲れているのはわかります。

しかし、いくら疲れているとはいえ国の言い間違えは逢ってはならないことでは無いでしょうか。

ましてや、開催国です。

 

今後はこのような失言がないことを祈ります。

 
関連記事

>>>IOCバッハ会長の年収は驚愕の◯マン!?国籍や経歴も調査してみた!

>>>バッハ会長が最後まで大炎上!金功労章特例授与を菅義偉と小池百合子へ!日本国民の神経を逆撫で

 

この記事が楽しい!参考になった!と思われましたら下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP