皇室系

 

眞子様の性格はわがままで強情?洗脳されている説も徹底検証!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 
秋篠宮家の長女である眞子様の性格が、わがままで強情だとの噂をご存知でしょうか?

婚約者である小室圭さん家に金銭トラブルがありながら、反対の声を無視して、結婚を強行しようとする姿勢から囁かれるようになりました。

さらに、調べてみると、昔から眞子様の性格に問題があったという証言も出てきました。

ただ、眞子様の小室圭さんとの結婚への強固な意志は、彼に洗脳されているためだとも言われているのです。

この記事では、眞子様の性格にまつわるエピソードについて、また、小室圭さんによる眞子様洗脳説についてまとめていきます!
 

【スポンサーリンク】

 

眞子様の強情で性格わがままエピソード


わがままで強情だと言われる眞子様の性格について、いくつかエピソードがあるのでまとめていきます。

 

クラスメイトへ飛び蹴り?

眞子様が、学習院初等科3年生のときに、クラスメイトに飛び蹴りをくらわせたという証言がありました。

2006年の9月に発売された週刊誌に、同級生の母親からの証言として記載されています。

内容をまとめると、
 

 
クラスメイトがランドセルを背負って廊下を歩いていたとき、眞子様が後ろからいきなり背中を蹴った

・蹴られて倒れたクラスメイトを見て、眞子様はケラケラ笑いながら走り去った

眞子様はけっこうやんちゃなお嬢様

 

となっています。

一方の証言だけなので、単なるじゃれあいなのか、直前に喧嘩していたのか状況がわかりませんが、眞子様が背中をキックするようなやんちゃな性格であることは伝わります。

小学校3年生ということで、まだまだ遊び盛りの年頃です。

世間一般的に考えられるお嬢様のイメージとはかけ離れますが、このようなお嬢様も元気があって良いですよね。

ただ、この週刊誌発売当時は、この眞子様のやんちゃな性格が大きな話題となったのです。

 

強引にコンサートへ参加

眞子様は15歳の頃、警備の人を振り切ってジャニーズのコンサートに行ったという話も出ています。

皇族ともなれば、外出は周囲に警備の人を付け、安全に気をつけないといけませんが、眞子様はどうしても好きなジャニーズに会いたかったのですね。

男性女性関係なく、学生時代、一度はアイドルにのめり込む時期がありますよね。

どうしてもライブに行きたいと警備を振り払うのはたしかに強情かもしれませんが、みなさんも周りの忠告を無視して強行突破した経験があるのではないでしょうか(笑)

ただ、眞子様は皇族なので、立場をわきまえないわがままな性格と言われてしまいました。

 

「おどきなさい」事件


こちらも眞子様の学生時代の話ですが、エレベーターに乗る際、先に待っていた生徒の列に「おどきなさい」と割り込んで先に乗り込んでいたとのこと。

この行為が一時期繰り返されていたと同級生の母親から話が出ました。

これも当時の状況がわからないため、冗談でやっていたのか、本気だったのか不明です。

しかし、先に待っていた友達を差し置いて乗り込むのは、あまり良い行為とは言えませんね。

小学校時代の話なので、眞子様にどれほど悪気があったのかはわかりません…。

 

小室圭と“絶対結婚”の姿勢


眞子様が世間に一番、強情な印象を持たれるようになったのは、小室圭さんとの結婚の意志ですよね。

何年たっても解決できていない小室家の金銭トラブルを知りながら、周囲の反対がありながらも、婚約者小室圭さんとの結婚の意志を曲げない眞子様の姿には脱帽です。

 

 

親族から、世間からの反対・批判の声を受けても結婚を貫こうとする眞子様は、強情だ・わがままだと言われています。

たしかに一般人同士の結婚であっても、相手の家庭に金銭問題があれば、結婚は遠のきがちです。

ましてや眞子様は皇族の身で、結婚にあたっても国民の税金が関わってくるため、反対されている以上慎重になるべきですよね。

金銭的に問題がある家に、婚姻一時金として税金が支払われるとなると、国民は良い気はしないものです。

 

天皇陛下を睨みつける?

2021年の3月に行われた、宮中行事の講書始の儀で、眞子様が天皇陛下を睨んでいたのではと話題になりました。

 

眞子様が天皇を睨む

 

写真だけ見れば睨んでいるように見えなくもないですが、横目で見ているだけにも感じられます。

このような憶測が出た理由は、2021年の2月の会見で天皇陛下が、
 

 
・眞子内親王の結婚について様々な意見があることは承知している

・多くの人が納得し喜んでくれる状況を願っている

 

と発言したためと言われています。

2020年11月の秋篠宮殿下の会見で、お2人の結婚を認める趣旨の発言が出ていましたが、この天皇陛下の発言は、やんわりと反対の意を感じさせるものであったからです。

そのため、また結婚に足止めがかかると危惧した眞子様が、天皇陛下を睨みつけたと話題になったのです。

睨みつけていないと考える人は、天皇陛下が会見で眞子様の結婚について言及することは異例だったため、眞子様は天皇陛下の顔色を窺っていただけだと意見しています。

このように眞子様には性格に関するエピソードがありますが、結婚問題については、婚約者の小室圭さんに洗脳されているのではと噂されています。
 

【スポンサーリンク】

 

眞子様は婚約者に洗脳されているのか


専門家の間では、眞子様の結婚に対する強情さは、「ほれこみ」による一種の洗脳状態ではないかと危惧されています。

精神科医の見立てによると、

「小室圭を理想化し、過大評価するほれこみ状態」

と言われているのです。

眞子様は、
 

 
・皇族という立場上、出会いが少ない

・男性経験が少ない

・真面目な性格

・今回がダメだったら婚期を逃す不安がある

 

と、皇族という特殊な環境眞子様自身の性格によって、洗脳状態になりやすい境遇なのです。

もしそこに小室圭さんがつけこんでいたとしたら、厄介な相手ですね…。

眞子様が洗脳されていると思われる出来事がありました。

 

小室バッシングはシャットアウト


メディアや週刊誌では、小室圭さんの裏を暴くような報道がされていましたが、眞子様はそれらの情報をシャットアウトしていたと言います。

それは、小室圭さんから
 

 
・2人の仲を引き裂こうとしている

・見ない方がいい

・全く真実は書かれていない

 

などと言われていたからです。

客観的な情報を入れず、婚約者の言うことだけを聞いていたら、だんだんと視野が狭くなってきますよね。

 

秋篠宮家家庭崩壊の危機

だんだんと小室圭さんのことを不安に思うようになった秋篠宮夫妻は、娘の眞子様に結婚を考え直すよう言いました。

しかし、眞子様は大きく反発したのです。

小室圭さんの言うことを信じてきた眞子様は、両親も反対勢力だと考え、聞く耳を持ちませんでした。

家庭崩壊を危ぶまれるほど、家庭環境が悪くなった時期もあると言います。

小室圭さんが絶対正しいと考えるようになった眞子様は、自分のご両親の言葉でさえ受け入れることができなくなっています。

 

小室圭第一主義


現在も宮内庁に「眞子様は婚姻一時金を辞退すべき」との意見がくるようですが、眞子様は受け取るつもりと発言しています。

この一時金は、国民の税金でまかなわれるもので、約1億4000万円が眞子様に支給予定です。

小室圭さんが自立するまでは、自分が支えるべきと考えており、2人の生活を保つために辞退はしないと考えられています。

「国民の反感を買おうが小室圭さんを支えるためなら」と、眞子様は小室圭さんを一番に考えた行動をされているのですね。

以上のように、眞子様は小室圭さんしか見えていない状態だとわかります。

婚約者にのめり込み過ぎているので、一種の洗脳状態と言ってもおかしくはないと考えられます。
 

スポンサーリンク

 

まとめ


以上この記事では、眞子様の性格にまつわるエピソードについて、また、小室圭さんによる眞子様洗脳説についてまとめたものになります。

眞子様の幼少期は、活発なお嬢様という印象でしたね!

現在については、一途を通り越して、依存しすぎているように思えます。

ただ、お2人の結婚を止めることは難しそうなので、みんなが少しでも納得できるところに収まってほしいものです。

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP