漫画

ツェリードニヒ念能力考察!念獣の中にパイロがいる理由がヤバい…

 
ハンターハンターに登場するツェリードニヒは、カキン王国の第4王子で、過激な性格の持ち主ですよね。

クラピカが追っている「緋の眼」を大量に持っていたり、女性を痛めつけて楽しんでいたり、さらには自身の兄たちのことも、自分より下に見ていたり、なかなか好感は得られないような性格をしています…(笑)

そんなツェリードニヒですが、念能力や念獣が強すぎると話題になりました!

さらに、彼の念獣の中に、クラピカの親友だったパイロがいると騒然となりました。

なぜツェリードニヒの念獣の中にパイロがいるのでしょうか

この記事では、ツェリードニヒの念能力と念獣について、また、念獣の中にパイロがいる理由について考察し、まとめていきます。
 

【スポンサーリンク】

 

ツェリードニヒの念能力


ツェリードニヒには、未来予知の念能力があります。

この未来予知というのが、10秒先の未来を一瞬で知ることができ、周囲の人間はこのツェリードニヒが見た10秒間の出来事を絶対に変化させることができないというものです。

わかりやすく言えば、ツェリードニヒだけ10秒先の未来を見ることができ、彼にだけその未来を自由に変化させることができるというのです。

なかなか反則級の能力ですよね…。

ツェリードニヒがこの能力を使ったとき、もし自分に不利な未来が見えたとしても、彼自身は自由に行動してその未来を変えることができますが、彼以外は、予知で見えた通りにしか動かないのでその10秒間はツェリードニヒの思い通りとなります。

護衛のテータがツェリードニヒを殺そうとしていましたが、それを未来予知した彼はそれをかわし、生きながらえることができました

未来を予知し続けられたら、彼しか自由な行動はできないということになるので、打つ手がないように思えますが、この念能力の発動条件「目を閉じて絶を行うこと」なので、そこが弱点となりそうです。

絶の使用は、自分を守るオーラを完全に遮断するため、戦闘時には注意が必要と言われていますね。

ただ、それを見越してツェリードニヒは、まばたきの速さで絶状態に持っていけるように特訓していました。

いずれにしても最強クラスの念能力であることは間違いありませんね!
 

【スポンサーリンク】

 

ツェリードニヒの念獣は2体!


ツェリードニヒには2体の念獣がいます

2体同時に出現させられることからも、彼のオーラの量がとんでもなく多いことがわかりますね。

普通は1体動かすだけでもオーラの消費量がすさまじいはずです。

それぞれ紹介していきます。

 

女性の顔をした馬のような念獣


1体目は、顔は人間の女性胴体は馬前足と後ろ足はそれぞれ女性の手足のような見た目をしている念獣です。

念獣の姿は、宿主に大きく影響を受けると言われているので、ツェリードニヒの歪んだ性格が奇妙な姿に表れているような気がしますね…。

ちなみに、この念獣は父親からの儀式で作り出されていて、ツェリードニヒ自身には見えていません

見た目の異様さもすごいですが、高い察知力と排除能力を持つという恐ろしいものです。

 

発動条件


この人面馬念獣の能力は、ツェリードニヒに対して嘘をつくと発動するようになっています。

嘘をついた人に対して、
 

 
最初の嘘体の一部に傷をつける

2回目の嘘で、最初につけた傷をあざのように広げ、これ以上嘘をつかないように警告をする

3回目の嘘で、人間でない存在に変化させ、ツェリードニヒの下僕にさせる

 

という能力が発動するようになっています。

 

念獣につけられたあざ

 

3回嘘をつくと人間ではいられなくなるというのは、相当ひどい仕打ちですね…。

しかし、これは彼が指示しているのではなく、念獣自ら行っています

ちなみにツェリードニヒは、嘘をつく女が一番嫌いと言っていますので、「嘘」を嫌悪するところから、無意識にこのような能力を持った念獣が誕生したと考えられます。

彼にとって、嘘をつく行為がどれだけ罪深いものと考えられているかがわかるような守護霊獣ですね。

 

悪魔の数字を持つ念獣


もう1体の念獣は、お腹に「666」と数字が書いてある不吉なものです。

この念獣は、無意識のうちに本能で作り出した分身と言われています。

まだ能力は不明です。

しかし、悪魔の数字と言われている「666」が刻まれている点からも、普通ではない能力を持ち合わせていると考えられます。

1体目が嘘に特化した能力なので、2体目はツェリードニヒの中にある残虐性を体現しているのでしょうか…。

危険な能力を持っている可能性が高いと言われていますね。
 

スポンサーリンク

 

念獣の中にパイロが!そのワケとは…


1体目の人面馬の口の中には、実はもう一つ顔があります

その顔をよく見てみると、なんとクラピカの親友で殺されてしまったクルタ族のパイロに似ているのです!

 

パイロ

 

 

 

ツェリードニヒがパイロを直接手にかけたわけではないので、一見、接点はないように思えますよね。

しかし、ツェリードニヒは人体収集癖があり、クラピカが取り戻そうとしている緋の眼も大量に所持しています。

そして、彼が座る椅子の後ろには、そのコレクションと、中心にパイロの生首のようなものが確認できるのです。

 

ツェリードニヒのコレクション

 

そこから、あの念獣の中の顔はパイロではないかと考察されるようになりました。

では、なぜパイロの顔がツェリードニヒの念獣に表れているのでしょうか

そこにはパイロに降りかかった悲劇が関係しています。

 

パイロに起こった残酷な出来事


パイロは緋の眼を持つクルタ族の1人で、クラピカの親友でした。

崖から落ちそうになったクラピカを助けた際のケガによって、目と足が不自由になった少年です。

そんなパイロのためにクラピカが医者を見つけると言って1人村の外へ出ていたときに、パイロを含めたクルタ族は虐殺されてしまいます

クルタ族の緋の眼は高額で取引されていたため、それを狙って幻影旅団が集落を襲ったのです。

クルタ族は、怒りや悲しみで感情が高ぶったときに目が緋色になるという体質のため、目の前で家族を惨殺される手法が取られていたのです。

パイロもその1人として、強い怒りや悲しみを抱きながら、殺されてしまったと考えられます。

残酷すぎますね…。

 

死後に強まるオーラ


強い感情を抱きながら無念の死を迎えたパイロの首は、現在ツェリードニヒが所有しています。

呪いが念能力の一種と言われているように、亡くなった後にオーラが強くなることがあるとされているのです。

そのことから、強いパイロの思いが、現在の所有者であるツェリードニヒの念獣に表れ、パイロの顔が出現したと考察できます。

ツェリードニヒの1体目の念獣は儀式によって作り出された寄生型の守護霊獣と言われています。

この寄生型の特徴の1つとして、
 

 
宿主と他の誰かの思いが交差して誕生・成長する

 

ことが挙げられます。

寄生型は他人の残留思念が表れやすい形なのです。

さらに、ツェリードニヒは、聡明な子が好きということで、パイロだけ、緋の眼ではなく生首ごと所有するほどのお気に入りです。

そのため、パイロのオーラが強く反映され、念獣の中にパイロの顔が出現してしまったと考えられます。

もし今後、ツェリードニヒが自身の念獣の中にパイロがいると知れば、とても嬉しがりそうですね。

クラピカが知ったら、強い憎悪を抱き、正気を保てるのか心配になります。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上この記事では、ツェリードニヒの念能力と念獣について、また、念獣の中にパイロがいる理由について考察しまとめたものになります。

寄生型の念獣は、他人のオーラからも影響を受けるため、宿主に対しても攻撃する場合があると言われています。

今のところ、ツェリードニヒの念獣は彼のサポートに徹していますが、クラピカと対決することになったときには、パイロの強い思いで念獣が歯向かう展開もあるかもしれませんね。

パイロの思いが報われてほしいものです。
☆ ハンターハンターのアニメや映画を無料で視聴したい人はこちらの記事を参考にして下さい

>>> 【ハンターハンター】映画&アニメ動画配信を完全無料視聴する方法を紹介!

 

 
\無料漫画は3000作品以上/

漫画をこよなく愛する人の為の「まんが王国」

 

関連記事

>>> 【マニア向け】ハンターハンターの関連記事一覧

>>> 人気作品の突っ込んだ記事まとめ

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP