漫画

ハンターハンター王位継承戦解説!小学生でも分かるように設定や各王子の能力を紹介!

 

ハンターハンターの王位継承戦がスタートしました、クラピカを中心としたストーリーで、カキン国の14人の王子たちが殺し合いをすることになります。

そうでなくても登場人物が多すぎるし、念や王位継承戦システムが厄介なので非常に分かりにくくなっていますよね。

そこでここでは、王位継承戦の簡単な解説と、王位継承戦に参戦している王子たちの能力を小学生にも分かりやすくご紹介していきます。

かなり難しいものをざっくり解説することになりますが、これだけ抑えておけば間違いないという情報に厳選して絞り込みました。

これだけ理解しておけば、王位継承戦を楽しめるようになっていますよ!

 

【スポンサーリンク】

ハンターハンター王位継承戦を分かりやすく解説!

カキン国といわれる国の王位継承=次期国王の決定のために行われるのが、王位継承戦と言われる殺し合いです。

この船は暗黒大陸を目指しており、乗員数20万人とされる、とてつもなく大きいブラックホエールという名前がついています。

この船の中の殺し合いで、最後に残った1人の王子が次の国王になります(王子、というのは名義上のもので、実際は男女両方を指しています)。

 

どうして船の中で王位継承戦なんて始まったの?

元々カキン国は帝国社会主義の帝国だったのですが、革命によって議会民主主義となり、今の形のカキン国になりました。

そんな混乱に乗じて他の国との約束を反故にしまくったのですが、この中には「暗黒大陸にいってはいけない」というものも含まれていたんです。

暗黒大陸には希望といわれる、人間を豊かにするお宝が沢山眠っていますので、やっぱりこれは王としては絶対に手に入れたいわけです。

そのため資源調達と移住区を増やすために国民達を船に乗せて暗黒大陸に向かっていたのでした。

そしてそのどさくさで、カキン国次期王位継承戦まで始めてしまったのです。

 

クラピカがメインの物語

もう一つ覚えておきたいのは、クラピカはあくまで第4王子ツェリードニヒが持っている緋の目を取り返すことであり、王位継承戦には関与していません。

しかし成り行きから第14王子の護衛をすることになり、本格的に王位継承戦に巻き込まれていきます。

全体的に見てしまうと物語が混乱してしまいますが、物語の中心は常にクラピカのいる部屋の中なので、クラピカを中心とすると物語が理解しやすくなります。

 

王位継承戦で殺し合いをする理由

戦いに負けた王子は遺体安置所に安置されるのですが、この安置所は何らかの装置であることは間違いありません。

また王も「カキンの大樹の礎となる」として殺し合いを受け入れていることから、何らかの装置を起動するための鍵になっている可能性が高いのです。

そのため殺し合いをするにはきちんとした、何らかの理由がありました。

 

そもそもなんでクラピカがいるの?

王位継承戦は最初から企画されたものであり、年長になるほどお金や権力を持っていました。

そのため年齢が上となる王子たちは私設兵をもって、警護にあたらせることにして、かなり守備に余裕があります。

しかし下の方に行くにつれてお金も権力も少ないため、王妃の警護兵と、ハンター協会から募集した警護兵が入り混じっているわけです。

このハンター協会は暗黒大陸攻略も目的を持っており、できればたどり着いた暗黒大陸にて希望を攻略してきて欲しいという別任務も持っています。

そのためクラピカは、緋の目の件もあり作戦に参加、信頼できる数人とともに船に乗り込むこととなりました。

 

【スポンサーリンク】

ハンターハンター王位継承戦に参加している王子達の能力について

参加している王子たちは合わせて14人、参戦するだけの戦力どころか赤ちゃんであるワブル王子を覗けば、皆癖の塊です。

 

第1王子ベンジャミン(第1王妃ウンマ)

霊獣は不明だが、念動力として、ベンジャミンへと忠誠心を誓った念能力者が死ぬと、その能力を得ることができる。

権力の行使を使いたいという欲求が強く、私設兵という権限を使って他の王子に刺客を送るという動きを見せている。

 

第2王子カミーラ(第2王妃ドゥアズル)

カーミラが死んだ後、相手の生命を使って組成する念動力を持っている。

霊獣は特定条件下にある人間を強制的に操作する能力を持っており、性格もかなりきつい。

ベンジャミンを真っ先に潰そうとするところから、手っ取り早く邪魔者を消していくという攻撃的な性格をしていることがわかる。

 

第3王子チョウライ(第3王子トウチョウレイ)

霊獣はコインを持っているものに様々な能力が現れるもので、複数の能力が出ることもある。

ワブルを保護するなど理性的な行動が目立ち、頭がいいことがわかるが、カキン系マフィアのケツモチをしているため「いい人」とはいい難い。

 

第4王子ツェリードニヒ(第1王妃ウンマ)

霊獣は相手に傷をつけることで何らかの能力を発するという部分しか分かっていない。

念動力も会得中で、表向き真面目で明るい好青年なのだが、極悪非道であり念を覚えさせてはいけない人間とも評される。

チョウライトは別のカキン系マフィアのケツモチをしており、明晰な頭脳で非道を尽くす「危険人物」。

 

第5王子ツベッパ(第2王妃ドゥアズル)

パートナーとともに、霊獣の中で様々な効果の薬品を作ることが可能、ツェリードニヒと共闘を依頼中、ワブルとは不戦協定を結んでいる。

上位王子に国政を任せたくはなく、その理由は現在の国王制に対して非常に厳しい意見や見方を持っているため。

兄妹の真ん中ということもあり、冷静に現在の国家を見つめている様子が見られる。

 

第6王子タイソン(第4王妃カットローノ)

霊獣は放出系拡散徴収型、タイソン経典を受け取ったものに目玉ジャクシが取り付きオーラを徴収する。

経典を読めば読むほど幸運がその人に舞い込むが、禁忌を破ると罰が下る。

自らタイソン経典というものを書いており、言ってしまえばかなり「イタイ」感じの宗教教祖をしている、ロマンチストなんてものではない。

 

スポンサーリンク

第7王子ルズールス(第2王妃ドゥアズル)

霊獣は相手の求めるものを具現化して罠にかけ、欲望が満ちた時に発動する。

警護兵と合法のハッパを吸い、非常に楽天的にカキン系マフィアの1つのケツモチをしている。

しかしながら合法のハッパは薬物依存などの害が少ないため、更生などに使えないかと考えるなど、根はきちんとしている部分もある。

 

第8王子サレサレ(第5王妃スィンコスィンコ)

死亡。

霊獣の出す空気によって、相手の好感度を挙げることが可能であり、女性たちとは派手な肉体関係を結んでいる。

 

第9王子ハルケンブルグ(第2王妃ドゥアズル)

念動力「遊戯王」で臣下のオーラを使い攻防を行える他、霊獣では羽根の刻印が集まるほど、仲間の能力が上がっていき、最強クラスの能力を発揮できる。

国内外の評判は非常によく、王族政治から脱するための改革を狙って今回の王位継承戦の勝利を狙っている。

しかし能力を見ての通り、内面は結構エグい部分があるのかもしれない。

 

第10王子カチョウ(第6王妃セイコ)

死亡。

霊獣はカチョウが死んでもフウゲツを守る、という位、実の双子であるフウゲツと仲がいい。

そのため自分を偽ってきつい性格を投げかけ、周囲から嫌われることでフウゲツを守っている部分もある。

船外に出ると死ぬというルールによって、脱出しようとした際に死亡。

 

第11王子フウゲツ(第6王妃セイコ)

行きたい場所に行ける扉を出せるが、帰りの扉はカチョウにしか開けず、カチョウが帰りの扉を開くと別の場所へ渡ることができる。

仲がいいカチョウと脱出しようとしたのだが、先程のルールで失敗してしまう。

カチョウの能力で守られていることから、カチョウはまだ生きているのだと確信している。

 

第12王子モモゼ(第7王妃セヴァンチ)

死亡(絞殺)

「おヒマ?」ということで、相手に「ヒマ」と返させ、霊獣によってその人物にお願いを実行させる能力を持っている。

そのお願いはかなり幅広いものであったと仮定できそうだ。

 

第13王子マラヤーム(第7王妃セヴァンチ)

空間転移できる霊獣がついており、まだ幼い。

警護についたビスケに相当懐いており、よく遊んでもらっているのが微笑ましいですね。

霊獣はどんどんと成長しています。

 

第14王子ワブル(第8王妃オイト)

第9王子であるハルケンブルグ王子の本命(継承戦の殺し合いを脅しのネタとして安全を得るため)で、まだ赤ちゃんである王子。

オイトは王妃の中では最下位で庶民出身ですが、継承戦には年功序列は無いものとされるため、強制参加となりました。

ワブルを守りたいという一心から、クラピカに護衛を依頼しています。

 

スポンサーリンク

注目すべき王子は4人!

注目すべきは、クラピカたちと停戦中である第3王子チョウライ、第5王子ツベッパ、第9王子ハルケンブルグの3人の王子です。

そして加えてクラピカが狙っている第4王子ツェリードニヒですよね。

最初の3名はクラピカとの停戦を宣言していますが、あくまでそれはまだ兄弟たちが残っていることが大前提となっています。

この3名が最終的に残ってしまった場合には、クラピカたちの状況も動くと考えていいでしょう。

逆に全員死んでしまった場合は味方として置かれたコマはいなくなるということであり、攻撃が激しくなること必至です。

 

またツェリードニヒはその性格と、クラピカが取り戻したい緋の目をコレクションしているため、クラピカは必ず対立することになります。

おそらく彼が国王候補としてかなりいいところまで行くことは間違いありませんが、クラピカとの対立でどうなるかは今後の展開を待つしかありません。

王となるのは、幽遊白書の前例もあるため、この人になっちゃうかー…という意外な人物が王になることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

王位継承戦はかなり複雑な物語となっています。

しかし登場人物もかなり減り、重要な目的も色濃く見やすくなっていくことは間違いありません。

そのためそこに向かうための物語の流れは分かっている方が楽しいこともまた間違いない部分なんです。

この記事を参考にしながら少しずつ、先に進む物語を楽しんでいってくださいね!

 

☆ ハンターハンターのアニメや映画を無料で視聴したい人はこちらの記事を参考にして下さい

>>> 【ハンターハンター】映画&アニメ動画配信を完全無料視聴する方法を紹介!

 

 
\無料漫画は3000作品以上/

漫画をこよなく愛する人の為の「まんが王国」

 

関連記事

>>> 【マニア向け】ハンターハンターの関連記事一覧

>>> 人気作品の突っ込んだ記事まとめ

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP