漫画

暗黒大陸の五大厄災と危険度を徹底考察まとめ!兵器ブリオンにゾバエ病とは…

ハンターハンターに出てくる暗黒大陸は、ゴン達が暮らす世界とは全く別次元の場所とされます、この大陸の入口付近のメビウス湖の周辺にいるとされているのが、五大厄災です。

シリーズ中のキメラアント編で最強クラスの強さを持つ暗黒大陸出身のメルエムの危険度はB、五大厄災の危険度は言うまでもなくB+からA以上というモンスターと言えます。

この流れは幽遊白書にも見られましたが、まあそれは置いておいて、この五大厄災は兵器ブリオン、不死の病ゾバエ病、ガス生命体アイ、双尾の蛇ヘルベル、人飼いの獣パプ。

これらのは非常に危険生物なのですが、彼らが守っているとされる宝は、まさに人類たちに画期的な変化を与える「希望(リターン)」と言われています!

そこでここでは暗黒大陸の五大厄災の危険度や考察などをご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

ハンターハンター暗黒大陸の五大厄災とはなんなのか

暗黒大陸の中にある、人類が滅亡してしまう位ヤバイ5つの呪いとされる存在であり、同時に奇跡のアイテム=希望を守っている守護者でもあります。

危険だから行くな、ということにはしたのですが、やはり人間は未知を求めるものでありハンターが腕試しに、彼らに挑むために向かう用になってしまいました。

そこでテネロがV5に掛け合って「暗黒大陸に行くのは禁止!」としたんですね。

しかしテネロも気になっていたのでしょう、十二支ん(ハンター協会最高幹部達)に「五大厄災の1つでいいから攻略して欲しい」という希望を伝えたのでした。

 

【スポンサーリンク】

「兵器ブリオン」の危険度と考察(希望:万病に効く香草)

古代遺跡を守っている存在で、頭は球体、体は人間のものという謎の存在です。

最大十数体で活動し、繁殖力もかなりのものであることが分かっています。

サヘルタ合衆国の特殊部隊が壊滅させられており、集団戦に非常に強いことが分かっています。

 

兵器ブリオンの危険度:凶暴性B+か

目的は古代遺跡を守るだけであり、それ以外は自主的に攻撃してくることはありません、そのためこちらで紹介する五大厄災では危険性は一番低いとされています。

集団戦に強く、兵器と言われていることから、毒ガスなどの物質か、虫などの生物を使う存在と予想できそうですね。

知性はそこまで高くなさそうなので、古代遺跡に害をなそうとしない限りは何もしなければ、通過などには影響はないと考えられます。

 

希望である「万病に効く香草」について

メビウス湖の北にある樹海を更に進んだ古代迷宮都市の中に生息しているとされています。

言うまでもなくどんな病気も治してくれる香草です、単独で煎じて飲むことで効果を発揮してくれると考えられます。

三原水などと組み合わせることで、更に高い効果が期待できそうなので、欲が際限なく出てきそうです。

 

スポンサーリンク

「ガス生命体アイ」の危険度と考察(希望:三原水)

「あい」という言葉を発し「欲望の共依存」と言われているのが、このガス生命体アイです。

ゾルディック家のアルカ、に憑いているナニカの正体が、このガス生命体アイであることが既に明かされています。

見た目は言葉の通り実態はなく、ガスのような不定形の存在であり、「欲望の共依存」といわれる所以を考えてみると、何かしらの存在に取り付いて生きる生物と考えられます。

 

ガス生命体アイの危険度:凶暴性A-2

ミンボ共和国が希望となる「三原水」の探索に向かったのですが、ガス生命体アイによって壊滅、生き残って戻った3人も錯乱していたと言います。

直接的な攻撃よりも、特定の敵意や条件を持っている人間に寄生することで、強力な攻撃というよりは精神的な繋がりから殺していく能力と考えられます。

アルカに憑いているナニカは3つのおねだりを叶えることで1つ願いを叶えるのですが、このシステムがアイにも適用されるのだとすると、内紛を起こすのは簡単そうです。

単純に物資が限られている軍隊からものをねだるだけで、一家や団体を殲滅させることができる条件が揃う可能性が高いわけですから。

その条件とは、ナニカからのおねだりを4回連続で断ること、難しいようで特定の条件下では簡単に達成できます。

 

希望である「三原水」について

彼らが住み着くメビウス湖の南東にあるとされているのが「三原水」という希望で、あらゆる水、つまり飲水から石油といった液体全ての元となっています。

つまり全ての液体がこの自ら生成できる可能性が高いことが分かります。

うまく使えば薬品から危険物まで何でも扱うことが可能となり、資源エネルギーや医療飲料水などに困ることが無くなるのでは?ということになります。

 

スポンサーリンク

「双尾の蛇ヘルベル」の危険度と考察(希望:長寿食ニトロ米)

殺意を伝染させるという魔物で、見た目は蛇なのですが、頭ではなくしっぽが2つに分かれているという変わったタイプの生き物です。

蛇らしく特別大きいわけではありませんし、見た目もぱっと見は変わった蛇なので、五大厄災の1つと言われてもピンと来ないですよね。

元々の戦闘力も高そうなのですが、殺意を伝染させるということは、別に能力を秘めていることを表しているということになります。

 

双尾の蛇ヘルベルの危険度:凶暴性A

「殺意を伝染させる魔物」ということで、直接的な攻撃よりも、アイのように精神的な部分に入り込む魔物である可能性が高いです。

それだけに凶暴性は非常に強く設定されており、一度殺意が伝染してしまうと二度と人間として戻ってこられない狂気に落とされることが予想できます。

伝染ということは、1人を殺意に陥れれば後は放っておくだけで勝手にその生物同士が殺し合いをしてくれるといった感じでしょうか。

 

希望である「長寿食ニトロ米」について

メビウス湖の南東の沼地にあるという長寿食ニトロ米は、曰く「人間の寿命をえげつないほど伸ばしてくれる古代米」です。

ほんの少しでも恩恵を受けられれば…というキャラにとっては重大なアイテムとなっており、寿命といえばクラピカがこの恩恵を受けられるかどうかでも話は変わってきます。

しかし沼地に行くことすら困難であることが示されているため、恩恵をうけるためにはかなりの犠牲が必要とされますね。

 

スポンサーリンク

「人飼いの獣パプ」の危険度と考察(希望:無尽石)

「快楽と命の等価交換」をするのが「人飼いのけものパブ」、本体らしい生き物が隠れている場所から伸びた職種が人間であった小さい人形に取り付いています。

通常とりつかれることでマイナスの条件しか生まれない触手なのですが、パブは触手から命を吸い取る代わりに、快楽を与えると言われているんです。

人飼いの獣、という言葉はここから来ていることは間違いがありませんね。

 

人飼いの獣パプの危険度:凶暴性??

ペゲロセ連合国が1000人調査に向かわせたのですが、結局戻ってきたのは7人であり、誰も姿は誰も見たことが無く、実態はわかっていません。

ただ山脈一体を縄張りにしていること、画像から1人につき1匹のパブが取り付くことから考えると、繁殖力や生命力はとんでもないことになります。

けして大きい生き物ではありませんが、とにかく多いことは間違いないようで、人間が数万入り込んだ所でなんら問題なく食い尽くしていくだけの力がありそうです。

 

希望である「無尽石」について

メビウス湖の北東部沿岸にある山脈の中にあると言われている奇跡の鉱石とされています。

なんといってもごく小さいビーズくらいの大きさの無尽石を水に入れるだけで、一日2万キロワットの発電をすることができてしまうからです。

参考として原発1基の発電力は1日数十万キロワットなので、小石くらいの大きさがあれば同じくらいの電力を得ることができるということですよね。

 

スポンサーリンク

「不死の病ゾバエ」病の危険度と考察(希望:錬金植物メタリオン)

五大厄災の中では唯一見えない存在が不死の病ゾバエです。

このゾバエに冒されてしまうと、人間としての食事をせず「自給自足」で何十年も(作中では50年以上とされるゾバエ患者がいる)生きることになります。

自給自足は言葉通り、自分自身を食べて細々と生きている状態であり、正気に戻ることもほぼ無いと考えられているんです。

 

不死の病ゾバエの危険度:凶暴性??

病原菌でありながら、単独では患者は不老不死に似た状態になるため、危険という言葉では表しにくいという実態があります。

ただこの病は人から人にどういった状態で感染するのかなどは突き止められていないため、検査などにも危険が及ぶ可能性が捨てきれないのです。

まだ本来の「危険生物」としての姿は発揮していないため、今後の作中でどの様に描かれるか、楽しみですね。

 

希望である「錬金植物メタリオン」について

メビウス湖の真南にあるもので、原作では効能や存在など詳細は不明ですが、クカンユ王国が枯れた状態ではありますが持ち帰ることに成功しています。

そのため「枯れないように持っていく方法」があるのか、或いは「別の方法で加工した状態でないと持ち出せないもの」なのかが鍵となりそうです。

錬金と言われているところから、何かしらの物体を磨く、煎じてまぶすなどの方法で、金属を生成することができる植物だと予想できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

あるものを手に入れるには相当の対価が必要、といった言葉があります。

その言葉は五大厄災にも当てはまる言葉であり、彼らを倒せれば希望という奇跡のアイテムを手にれることが可能です。

しかしながらその代償はあまりに大きく、彼らを打ち砕くためにはとんでもない労力や研究が必要となることは言うまでもありません。

果たしてどの様に五大厄災を攻略していくのか、今後の展開を期待して待ちましょう!

 

☆ ハンターハンターのアニメや映画を無料で視聴したい人はこちらの記事を参考にして下さい

>>> 【ハンターハンター】映画&アニメ動画配信を完全無料視聴する方法を紹介!

 

 
\無料漫画は3000作品以上/

漫画をこよなく愛する人の為の「まんが王国」

 

関連記事

>>> 【マニア向け】ハンターハンターの関連記事一覧

>>> 人気作品の突っ込んだ記事まとめ

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP