漫画

【永遠の謎】ブチャラティはなぜ生きている?死んで生き返った謎を考察してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 

大人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の5部に登場する「ブチャラティ」は、主人公である「ジョルノ」に負けない程活躍しているので、メインキャラクターと言っても過言ではない程の人物となっています。

 

そんな「ブチャラティ」は物語の中で一度死んでいるのですが、なぜ生きているのかという声が多く上がっています。

 

そこで、今回は「ブチャラティ」はいつ死んだのか?そして、死んだのにどうして生き返ったのか?を考察してみました!

 

【スポンサーリンク】

ジョジョ5部で大活躍のブチャラティとは

 

1986年から2004年まで長年にわたって週刊少年ジャンプに連載された荒木飛呂彦先生の代表作で「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するキャラクターが「ブチャラティ」です。

「ブチャラティ」は、もう一人の主人公であると言われるほどに、大活躍のキャラクターとなっていています。

 

彼は、1980年9月27日生まれの20歳でA型。

身長は178cmで、スタンド名は「スティッキィ・フィンガーズ」

 

また、「パッショーネ」という名前のギャング組織の一員で、地元を仕切る下部組織のリーダーだった「ブチャラティ」は、すぐに力を発揮して、親組織の幹部にまで上り詰め、護衛という重要任務を与えられるまでになりました。

 

彼は、過去の経歴から麻薬に対しては強い憎悪を抱いているのでした。

 

性格

頭脳明晰で冷静。

難しいことに対しても動じることなく立ち向かうことができます。

 

そして、人望が厚く、部下思いの一面があるのですが、仕事のことになると一般人にも容赦することなく平然と拷問をしたり殺してしまうこともあります。

 

また、彼は相手の顔の汗のてかり具合で嘘をついているのか、本当のことを言っているのかを見分けることが得意で、拷問の時にチカラを発揮します。

 

 

容姿

「ブチャラティ」の髪型はボブで、頭頂部を編み込み前髪にはヘアピンのようなものを付けていて、ギャングらしい白スーツを着用し、胸元は開いていて、レースの模様をチラ見セしています。

 

また、ジッパーをいろいろな所につけているのですが、こちらのジッパーは彼のトレードマークになっています。

 

 

【スポンサーリンク】

ブチャラティはいつ死んだのか

 

ブチャラティは、組織のボスであるディアボロに逆らったことによってキングクリムゾンの攻撃を受けて、かなりの深手を負います。

 

そこに素早く駆けつけたジョルノの能力により復活したように思われていたブチャラティですが、物語の最後には肉体がだんだんとなくなっていきます。

 

最後まで戦い続けたブチャラティですが、キングクリムゾンの攻撃を受けて、かなりの深手を負った時にはすでに、ブチャラティの体は死んでいたと考えられますね!

 

スポンサーリンク

ブチャラティが生き返った真相

 

ブチャラティは、キンググリムゾンの攻撃で深手を負いすでに死んでいたのですが、生き返りましたよね!

作中の中では、生き返った真相は描かれていなかったので・・・。

 

生き返った真相について考察してみました!

どうぞご覧ください!

 

ジョルノの能力

 

ジョルノのスタンド能力である「ゴールドエクスペリエンス」は、物質に生命を与えることができるので、ブチャラティの命を延命させたと言われています。

 

ですが、作中ではジョルノのスタンド能力である「ゴールドエクスペリエンス」が死んでしまった人を蘇らせる能力とは、描かれていないので、ジョルノの能力が関わっているというのは、どうなのかな?というところですね。

 

スポンサーリンク

生きていたのは魂のみ

 

 
・戦闘時のブチャラティの体温が異様に低かった

・チョコラータのスタンド攻撃でカビが生えなかったこと

 

以上のふたつを考慮して考えてみると、ブチャラティの体は、ヴェネツィア戦の時のもう死んでいたのですが、魂だけは生きていた!と考えられます。

 

そして、ジョルノのスタンド能力である「ゴールドエクスペリエンス」で、ブチャラティの肉体に生命を与え、同時に魂にも力が与えられて、体を動かすことが出来たのではないでしょうか。

 

これは、シルバーチャリオッツレクイエムの能力で魂と体が入れ替わった時に、ブチャラティが組織のボスであるディアボロの体を動かせたことで、魂は生きていたと証明できますね!

 

ブチャラティの強い意志が生み出した奇跡ともいえる生き返りですが、すでに死んでしまった肉体を動かすことは相当な負担がかかってしまうので、最後には肉体が崩壊してしまったのでしょう。

 

プチャラティは、完全に生き返ったということではなく、ゾンビのような形で必死に動き戦っていた状態だったということですね!

 

大人の都合

 

作中で、生き返ったキャラクターはブチャラティの他にも数人いました!

 

3部でジョセフジョースターは、DIOに倒されて血液を全て奪われ、魂が抜けていく描写まであったのですが、血液を戻すとよみがえります。

 

また、第4部では、クレイジーダイヤモンドの能力でたくさんの人が復活する中、祖父・東方良平だけ、致命傷を受けたのに生き返ることはありませんでした。

 

そして、康一はキラークイーンの拳で胸を貫かれ、暫く放置されていたのですが、仗助が助けると普通に起き上がっています。

 

このことから、物語の都合で必要なキャラクターであるなら、どのような状態でも生き返り、必要がないキャラクターはよみがえることはないのでしょう。

 

スポンサーリンク

信念のかたまり

 

ブチャラティはギャング組織のボスであるディアボロに可愛がられていたのですが、このボスによって深手を負わされました。

ブチャラティのボスを倒そうとする正義感だけがこの世界に残ったのではないでしょうか。

 

ボスを倒して麻薬が広まってしまった街を救いたいという信念が肉体の中に残り、肉体を動かし続けたのでしょう。

 

肉体の生命活動は止まっているので、痛みを感じることはなく、そしてこの世に残った信念にも限界があるので、最後には心も体も死に向かっていったと考えられます!

 

スポンサーリンク

【まとめ】やっぱり永遠の謎だった!

 

ブチャラティは、組織のボスであるディアボロのスタンド能力であるキングクリムゾンの攻撃を受けて、かなりの深手を負った時にはすでに死んでいた。

 

そして、ブチャラティが、なぜ生きているのかについては

 

 
・ジョルノの能力

・生きていたのは魂のみ

・大人の都合

・信念のかたまり

以上の4つが、考えられます!

 

作中には、本当の真相が描かれていないので「永遠の謎」になっているのですが、考察するのは楽しいですよね!

皆さんも、ブチャラティはなぜ生きていたのか考察してみてくださいね!

 

関連記事

>>> 【マニア向け】ジョジョの奇妙な冒険の関連記事一覧

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

▼ 詳しくみる

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ みんなが気になる特集記事

  1. ジョジョ
  2. 池上彰 嘘発言
  3. XJAPAN
  4. 田中みな実 ランジェリーブランド

▼ 一番読まれている最新美容情報

PAGE TOP