漫画

【ワンピース】ヤマトの正体を徹底考察!母親は誰?10人目の仲間との噂もある秘められた能力も予想してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 発行部数でギネス記録を持つワンピース!

たくさんの伏線や、作り込まれた登場人物の過去やストーリーにファンが多く人気です!

特にワノ国編は作者の尾田先生も最も書きたかったと言っていたため、ファンからの注目も高い回です。

そして、ワノ国編で登場した「ヤマト」という人物が、何かしらの鍵を握っているのではないかと話題になっています。

こちらの記事では、ワンピースに登場するヤマトという人物の正体についてと、ヤマトが10人目の仲間になる可能性は?ひめられた能力、さらには母親は誰か?についての考察をしていきます!

注:単行本98巻までのネタバレを含みます
 
 
 
 

ワンピースのヤマトの正体とは!?

ヤマトの正体は、作中で明らかになっていますが、カイドウの娘でした。

このヤマト、最初般若の面を被っており、男性かのように登場しました。

そして、ヤマト自身も「カイドウの息子だ」と自己紹介しています。

さらに、周りのカイドウ率いる百獣海賊団たちも、なぜか彼を「カイドウの息子」として接しています。

 

【スポンサーリンク】

なぜヤマトは娘なのに息子のように扱われるのか?

ヤマトは周りから息子であるかのように扱われます。

これには、鬼ヶ島の次期後継者はヤマトに任せたいというカイドウの思惑があったからでしょう。

次期後継者は「息子のヤマト」だと発表していることからも、ヤマトが女性であることを隠していることは明らかです。

そしてややこしいことに、ヤマトも、このことを受け入れ、息子と名乗るのです

ですが、娘なのは仮面を取った姿を見ればあきらかですね。

スタイル良くて可愛いです!

 

【スポンサーリンク】

10人目の仲間

こちらのワード、普通に聞くと特に気にならないかもしれません。

「次もし仲間が入れば10人目かぁ、増えたなー」

なんて思うかもしれませんが、知っている方が聞くととんでもない伏線なのです

ワンピース1巻第1話を読み返すとルフィが

「仲間は10人くらい欲しいな」

と言っているんです。

あれだけ伏線だらけのワンピースですから、この10人というのが伏線なのは間違い無いでしょう。

ルフィの仲間加入は10人で終わりということは、そろそろ最終回目前!

10人目の仲間というのはヤマトなんでしょうか!?

どんな鍵を握っているんでしょうか!

ワクワクしてきますね!

ヤマトが10人目の仲間になる可能性

ヤマトはカイドウのことを信用していません。

おでんの処刑時、処刑を止めたかったと話しています。

ルフィとヤマトが出会ったとき、ヤマトはカイドウに爆発する手枷をつけられていました。

しかし、ヤマトは親であるカイドウが自分に、爆弾まではつけないだろうとどこかで思っていました。

その手枷が本当に爆弾であると判明したとき、ヤマトのほんの少し持っていた期待は裏切られました

これから、カイドウを討ったとしたらヤマトはワノ国に残る理由はありません。

仲間になる可能性は十分にあります。

 

スポンサーリンク

ヤマトの能力考察!

ヤマトはどんな能力なのか?気になりますね。

髪の毛が白髪ということもあり、龍っぽさもあります。

ヤマトの父親のカイドウは龍なんですよね。

父親からヤマトの能力を考えてみましょう。

カイドウが人間で龍になれる実を食べたとしたら?

カイドウが人間なら娘のヤマトも人間です。

元々龍で、ヒトヒトの実を食べたとしてもおかしくはありませんが、ヒトヒトの実は既に出てきているので、また同じ実が出てくることはないでしょう。

ヤマトが龍の能力を手に入れるためには、カイドウと同じ龍の実を食べないと龍にはなれません。

しかし、同じ実は世界にないというルールがワンピースにはあるので、カイドウと同じ実をヤマトが食べることは不可能ですね。

ということは、父親であるカイドウと全然違う能力ということになります。

そして、作中ヤマトは相手を威嚇するときに

「グルルルル」

と、猛獣のような声を出したので、何かしらの猛獣に変身する能力であることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

ヤマトの母親考察

エースの父親がゴールドロジャーだったり、ルフィの父親はドラゴンであったりと、ワンピースでは血縁関係も重要になってきます。

気になるのはヤマトの母親です。

しかし、あんな怪物なのにしっかり後継考えてるなんて、カイドウは意外と家族計画立てるタイプなんですね。

 

スポンサーリンク

ヤマトの母親はビックマム!?

カイドウと1番怪しい関係なのはビックマムです。

カイドウはビックマムのことを

「リンリン」

と呼びます。

(リンリンって…)

上の画像を見ていただくと分かるのですが、カイドウはビックマムになにやら大きな借りがあるとのこと。

カイドウも特に否定はしません。

2人の間に何かがあったのは確かです。

ヤマトがカイドウとビックマムの娘となれば底なしの強さが期待できます。

ルフィの仲間として申し分ないでしょう。

しかし、もしそうなら、ビックマムの見た目がヤマトに全く受け継がれてなくて本当によかったです。

 

スポンサーリンク

おでんに対するヤマトの気持ち

ヤマトはおでんに対して並々ならぬ尊敬の念を抱いています。

作中、おでんのためなら命をかけることができると豪語していました。

さらに、彼はややこしいことに尊敬の念から、自らをおでんと名乗るのです。

カイドウの娘が、息子と名乗り、さらに敵のおでんと名乗ったり…もはや天然なのか何キャラなのか分かりませんが、ルフィの味方であることは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

ヤマトが持っている航海日誌

ヤマトはおでんの航海日誌を持っています。

もしヤマトが仲間になるならこちらがワンピースの謎を解く鍵となっているかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ヤマトの正体は、カイドウの娘でした。

能力はまだ明らかになってませんが、猛獣に姿を変えることが予想されます。

そして、ヤマトの母親はまだ登場してませんが、カイドウとの怪しい会話から、ビックマムかもしれません。

ヤマトが10人目の仲間になる可能性も十分にあります!

今後の展開に注目ですね!!

 

関連記事

>>> 【マニア向け】ワンピースの関連記事一覧

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

▼ 詳しくみる

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ みんなが気になる特集記事

▼ 一番読まれている最新美容情報

PAGE TOP