気になる話題

池上彰はトランプが嫌い!根拠なき人権批判、なぜ嘘をついてまで否定するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 

池上彰はトランプが嫌い!根拠なき人権批判、なぜ嘘をついてまで否定するのか?

 
皆さんは、最近池上彰氏が発言した言葉で大炎上が起こったことを知っているだろうか?
 
この記事では、池上彰氏のトランプ氏に対するこれまでの発言やそこから読み取れる池上彰氏のトランプ嫌い、さらには池上氏の嘘を詳しく掘り下げていきます。
 

池上 彰

 

 
名前:池上 彰(いけがみ あきら)
出生地:長野県
日本のジャーナリストである。
主な番組出演:池上彰のニュースそうだったのか!!、グッド!モーニングなど。
 

池上彰氏はトランプ前大統領が嫌い?

 

 
2021年1月30日放送のテレビ朝日系「池上彰のニュース そうだったのか!!」の番組内での発言からみていこう。
 

バイデン大統領は中国の人権問題に関心がある。新疆ウイグル自治区で強制収容所に入れられているといったことや香港民主化運動による逮捕など、トランプ大統領はこれまで何も言ってこなかった。人権問題に関心がなかった。

 
この発言を受けて政治家や芸能界からも多くの批判を浴びることになった。
 
しかし自らの名前が入るレギュラー、特別番組を持ち、時事問題解説者として名のある池上氏がなぜこのような発言をしたのか…。

 

私は、池上氏はこれまでにもトランプ大統領を嫌った発言をしていたのか?という点に着目してみた。

 

池上彰のトランプ嫌い発言や嘘の真相!?

 

 
これまでの池上彰氏によるトランプ氏への発言時系列や嘘の真相をまとめてみてみよう。
 

池上彰氏によるトランプ嫌いまとめ

 
トランプ前大統領がアメリカ大統領選挙で勝利した2016年から今日までの池上彰氏の発言を時系列でまとめてみよう。
 
2016年: トランプ氏が大統領になったら、「悪夢のシナリオ」もあり得ると発言。

トランプは、自分が当選さえすればいい。「アメリカ・ファースト」ならぬ「トランプ・ファースト」を展開していく。と発言。
 
2018年:武器の売買の件で「日本はトランプ大統領というセールスマンに武器を買わされた」と発言。
→この時日本は新たに武器を買っていなかったが、池上氏がこのような発言をテレビ番組内で行った。
 
2020年:トランプ氏が新型コ○ナウイルスに感染した際には、「ノーマスクで感染したのは、天罰だと思う。」ともテレビ番組内で発言している。
 
2021年:トランプ氏に対し「人権問題に関心がない」と発言。

 

池上彰氏の「嘘」

 

 
時系列をみてもわかるように、たびたび池上氏の発言の中には嘘だと言われてもおかしくないような内容が含まれている。
 
冒頭でも挙げたように
 
『トランプ前大統領はこれまで何も言って来なかった。全然、人権問題に関心がなかったわけですね。』

 

この言葉に対して多くの人々から、これは池上氏の『嘘』だと批判を浴びているのだ。

 

実際にはトランプ前大統領は、アメリカの歴代大統領の中でも熱心で実効的に、ウイグル問題などの中国の人権問題に関与してきた人である。
 
・香港の人権と自治を擁護するために、「香港人権・民主主義法案」および「香港に対する非致死性武器の禁輸法案」への署名。

 
・ウイグル弾圧の責任が認められる中国当局者への制裁を可能にする、「ウイグル人権法案」への署名。
 

これらのトランプ氏の行動を見れば、池上氏の発言が嘘だと言われるのも過言ではない。

池上氏はこれらのことを知った上で、トランプ氏に対して人権問題に関心がないと言ったのだろうか、、?

 

池上氏の真意説明

 

 

2021年2月7日に池上氏とジャーナリスト・増田ユリヤ氏が運営するユーチューブチャンネル「池上彰と増田ユリヤのYouTube学園」に、「【説明とお願い】批判は自由です。でもこれだけはお話させてください」という動画をアップした。
 
そこで、池上氏は以下のように真意説明を行った。

 

「トランプ政権として新疆ウイグル問題に対して非難したり、香港の人権問題に関して厳しく態度を取ったりってことは、トランプ政権としては確かに言っている」

あくまで厳しい態度を取っているのはトランプ政権であったと発言。

 

池上氏は、「だけどトランプ大統領本人はどうなのか」と問題提起をし、ジョン・ボルトン前米大統領補佐官らの証言について触れた。

 

「新疆ウイグル自治区問題に関しては、大阪で行なわれたG20の時に習近平国家主席がトランプ大統領に対して、『新疆ウイグル自治区での教育施設を建設してる』っていう言い方をし、トランプ大統領は『いいことじゃないか。どんどんやってくれ』って、こういう言い方したって証言がある」
 
さらには、「香港の民主化運動が盛り上がった時に、『大統領、ここは何かコメントを出さなければいけないんじゃないですか』とスタッフに言われ、『俺をそんなことに巻き込まないでくれ、香港のことなんか俺を巻き込むな』っていう言い方をした」

 

池上氏はこれらの証言を確認し、「トランプ政権としては確かにいろんなことを言っているが、大統領本人はそういうことには関心がないという意味で、そう言った」と発言の真意を説明していた。

 

この動画に対する批判。

 

「都合の悪い指摘は無視してる」
 
「一方的な証言は信じて本人の功績は認めないのはおかしい」
 
「正直に私はトランプ否定派だと公言されてはいかがですか?」
 
などといった批判が挙がった。
 
私は、この真意説明を見て番組内での発言は説明不足だったなと感じるのと、YouTubeで説明したように、ここまで詳しく話していれば今ほど批判は浴びなくて済んだのでは無いだろうかとも思ってしまう…。

 

まとめ

 
今回の記事では、池上氏がトランプ前大統領に対する発言について掘り下げ、池上氏がトランプを嫌う発言や池上氏の嘘について取り上げていった。
 
池上氏のトランプ氏への発言を時系列でまとめたものから世間の批判などを幅広く取り上げてみたが、池上氏はトランプ氏が大統領選挙に勝利した時から、既にトランプ氏に対して発言をしていることがわかる。
 
実際には、テレビ番組内で全てを語り切り、本当に嘘をついてトランプ氏を批判したのかはわからないが、これまでの池上氏の発言を見ると、トランプ氏を嫌いなのか?と疑う発言は多々みられた。
 
しかし池上氏の発言や解説は私たち日本人にとって影響力のあることを発言し発信していることは確かである。
これからも池上氏の発言には注目していきたい。

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

みんなが気になる特集記事

  1. 國光吟 小林麻耶
  2. イルミナティカード  横浜
  3. 芸能人 タトゥー 女性 意外 DQN 刺青 和彫り
  4. 秋篠宮 噂 闇 問題点
  5. 田中みな実 ランジェリーブランド
PAGE TOP