プロ野球・甲子園

 

【村田修一】引退試合クラッシャー伝説!誰よりも目立ってしまう漢をいま一度振り返る!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

「男・村田」の愛称で知られる、元プロ野球選手の『村田修一』さん。

横浜DeNAベイスターズ、読売巨人軍などで活躍した名選手ですね。

 

村田選手といえば、阪神・矢野燿大選手の引退試合でホームランを打ち、

非難を浴びてしまったエピソードが印象的ですが、

「引退試合クラッシャー」と呼ばれる理由は、それだけではありません。

 

今回は「誰よりも目立ってしまう漢」、

村田修一選手の「引退試合クラッシャー」エピソードをまとめてみました!

 

【スポンサーリンク】

 

村田修一の引退試合クラッシャーエピソード~矢野捕手~

 

 

村田選手の引退試合クラッシャーエピソードで、最も有名なのは矢野選手の引退試合ですね。

村田選手はこの試合でホームランを放ち、矢野選手の出場機会を消滅させてしまいました。

 

一体この試合で何が起きたのでしょうか?

実際の中継の動画などと合わせてご紹介します!

阪神・矢野の引退試合で何があったのか

2010年9月30日、シーズンも終盤に差し掛かるこの試合で、

阪神・矢野燿大捕手の引退セレモニーが行われることになっていました。

 

阪神の2度の優勝に大きく貢献した選手の引退試合ということで、

ファンや他の選手にとってかなり大きな試合だったと考えられます。

 

しかし、シーズン終盤ということもあり、この試合は中日との優勝争いの真っただ中。

「この試合は絶対に負けられない」という背景から、阪神は

「矢野捕手の出場は9回2アウト時点で阪神がリードしていた場合のみ」という

やや変則的な引退試合プランを立てていました。

 

試合は進み、9回に差し掛かりました。阪神は2点をリード中。

守護神・藤川球児投手が登板し、ここまでは理想の試合進行でした。

 

このまま2アウトを取れれば、ファン念願の「藤川・矢野」という黄金バッテリーで

矢野捕手の引退を美しく飾れる…誰もがそれを期待していたことでしょう。

 

 

しかし、「お世話になった矢野捕手の引退試合」というプレッシャーからか、

守護神・藤川投手のコントロールは乱れ気味に…。

まさかのノーアウト、一・二塁という大ピンチを迎えてしまいます。

 

「どうか矢野捕手の最後の活躍が見たい!」とファンが祈りをささげる中、

打順が回ってきたのは村田修一選手でした。

 

TV中継の実況までも「空気を読んでほしい…。」とまで言ったこの場面、

村田選手は高めのボール球でフルスイング。

「行くな!行くな!越えるな!」という実況者の声もむなしく、

結果は逆転3ランホームランになりました。

 

このホームランにより阪神のリードが消え、矢野捕手の出場機会は消滅。

会場はなんともいえない空気に包まれてしまいました。

実際の中継動画はこちらです。

 

 

会場の凍り付いたような空気や、実況の悲痛な叫びが心苦しいですね…。

 

出場機会を失ってしまった矢野捕手ご本人は

「正直言って、グランドに立って皆さまにお別れができればと思った」と語りつつも、

 

被弾を浴びてしまった藤川投手に対しては

「これまでどれだけ幸せをもらえたか。誰も文句を言うはずはない。」

と、フォローのコメントをしていました。

 

村田選手いわく、「本当は高めの球を振って三振しようと思ったけど、軽く振ったら当たって入ってしまった」とのこと。

悪球ですらホームランにしてしまう技術は素晴らしいですが、

まさに伝説的なタイミングでその能力を発揮してしまいましたね…。

 

【スポンサーリンク】

 

まだある!村田修一の「引退試合クラッシャー」伝説

 

村田修一選手の伝説の中で特に語られることの多い、

矢野選手の引退試合のエピソードをご紹介しました。

しかし、村田選手は他にも引退試合クラッシャー伝説を残しています。

続いて2つのエピソードをご紹介します。
 

広島・佐々岡の引退試合でホームラン

2007年10月。広島・佐々岡信司投手の引退試合でも

村田選手は観客からのブーイングを受けています。

 

9回、2アウトで登板した佐々岡投手。

広島球場を埋め尽くしたカープファンたちは、

「佐々岡投手の有終の美」を見届けようとしていました。

そこで打順がまわってきたのは村田選手です。

 

カウントが3ボール1ストライクまで進んだところで、佐々岡選手から高めのボール球が繰り出されます。

村田選手はこの時もフルスイング!

結果はソロホームランとなり、佐々岡投手の登板は「有終の美」とはなりませんでした。

 

実際の映像はこちらです。

 

 

観客席から取られたものなので、ブーイングの迫力がすごいですね…。

あまりの展開に絶句したのか、一度静まり返った後、非難の声が続々とあがっています…。

 

しかし、この日は村田選手にも事情がありました。

このとき村田選手はホームラン王を争いの真っただ中。

対戦前にも、広島側から「真剣勝負だから、打ってもらって構わない」と言われていたとのこと。

 

また、「フォアボールで終わるくらいなら、三振か出塁かのほうが良いと思った」

「打ってつらいホームランでした。すいません。」とも語っています。

 

これに対し佐々岡選手は「真剣勝負をしてくれて嬉しかった。打たれて吹っ切れたし、気持ちよかった。」と笑顔でコメント。

固い握手を交わしました。

 

村田選手と、広島ファンには辛い展開の試合でしたが、

佐々岡選手のコメントに救われた形となりましたね。

ヤクルト・鈴木の引退試合で感謝される

 

 

ここまでは矢野捕手、佐々岡投手の引退試合を「ぶち壊し」た伝説をご紹介しました。

しかし、実は「相手球団から感謝をされた」引退試合のエピソードも存在します。

それが2007年10月、ヤクルト・鈴木健選手の引退試合です。

 

20年の現役生活に幕を下ろす鈴木選手。

対する横山投道哉手は、オール直球勝負を仕掛け、鈴木選手の見せ場を作りました。

鈴木選手もこれに応え、12球、カウント2-2と粘りを見せます。

 

しかし、13球目。鈴木選手の打球はファウルフライ―。

「これで3アウトだ。もうダメだ。」とファンが落胆する中、

守備についていた村田選手はあえて打球を落とし、ファウルにしました。

 

命拾いをした鈴木選手は、その後15球目でセンターヒットを放ちます。

最後の打席で出塁と、有終の美を飾り、「世界一の幸せ者です」と男泣きをしました。

これに対しては解説も村田選手の計らいを絶賛。

一部ファンを除き、ヤクルトファンからも感謝される感動的なエピソードとなりました。

 

実際の映像はこちらです。

 

 
村田選手のエピソードは、引退試合をぶっ壊すものだけではなかったのですね。

 

スポンサーリンク

 

【まとめ】村田修一の引退試合クラッシャー伝説は多数

 

 

「男・村田」の引退試合クラッシャー伝説についてまとめました。

村田修一選手の伝説を振り返ると、

 

・矢野捕手の引退試合でホームラン。矢野捕手の出場機会を消滅させる。

→しかし、これはたまたま当たってしまっただけであった…。

・佐々岡投手の引退試合でホームラン。最後に花を持たせられず。

→ホームラン王争い中の真剣勝負。佐々岡選手も感謝をしている。

・鈴木健選手の引退試合では、わざと捕球せずチャンスを与えた
 

 
ということが分かりました。

 

様々な要因で伝説的エピソードを残してしまうのは、村田さんの体質なのかもしれません…!

現在は読売巨人軍のコーチとして活躍している村田さんですが、

今後も伝説的なエピソードが生まれることに期待しましょう!

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP