鬼滅の刃 お館様

漫画

 

【鬼滅の刃】お館様こと産屋敷耀哉の病名は?顔の傷の呪いについて考察!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
   

 

ラスボスである無惨を倒し、ついに完結を迎えた鬼滅の刃

無惨の討伐には鬼殺隊の活躍があってのことでしたよね。

 

そんな鬼殺隊を指揮していたのが、トップであるお館様こと「産屋敷輝哉」です。

お館様は、鬼殺隊員のことを自らの子供のように思っていることからも、皆から慕われています。

また、カリスマ性もあり、トップの座に君臨し続けています。

 

しかし、お館様は病弱であり、顔には爛れたような傷が描かれていました。

あの傷は何なのでしょうか。

呪いなのでしょうか。

 

そこで今回は、お館様こと産屋敷輝哉の顔の傷について、その病名についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

鬼滅の刃・お館様の顔の傷は呪い?気になる病名とは?

鬼滅の刃 お館様
 
お館様が初登場をしたシーンはインパクトのある外見から印象的なイメージを持つ方が多いと思います。

 

初登場時にはすでに額を中心に覆うような形で爛れが見られ、浸食されている目はすでに盲目になっています。

この爛れですが、初めて見る方であればやけどなどによる傷なのではと思いますよね。

 

ですが、実はこの傷はただのやけどではありません。

病状が進むにつれて爛れた箇所が全身になり、最終的には床に伏せて動くこともままならず、動こうとするだけで吐血してしまうほどです。

 

そして、産屋敷輝哉だけの問題ではなく、代々一族を蝕んでいる呪いでもあります。

この呪いによって産屋敷家は短命であり、歴代の当主に選ばれた人は皆若くして亡くなっています 

その運命に抗うために、代々神職である一族から妻を娶ることで呪いを和らげてきましたが、それでも皆30歳以上生きることができませんでした。

 

また、この呪いには産屋敷家と無惨が因縁の関係である理由があります。

 

意外なつながり!無惨とお館様との関係

鬼滅の刃 お館様 無惨
 
お館様の家系が代々短命で呪いに苦しんでいる理由には大きく無惨が関わっています。

 

この始まりは大正時代から平安時代まで遡ります。

平安の時、無惨はまだ鬼でなく人間でした。

 

そして、当時の彼もまた身体が弱く医者からも20歳までは生きられないと言われていました。

しかし、医者はそんな彼を治そうと試行錯誤します。

 

その結果、無惨を鬼にしてしまいました

 

人間にとって鬼は自分たちよりも強く、恐怖の対象であり敵です。

 

そんな鬼が家系から出てしまったことで一族は代々呪われることとなりました

それが、産屋敷家の呪いです。

 

そのため、この呪いを終わらせるには根源である無惨を倒すしかないのです。

これが、産屋敷家と無惨が戦い続ける理由です。

 

したがって、お館様の身体を蝕んでいる病気は呪いによるものなので病名までは定かではありません。

 

身体が弱い産屋敷家のしきたり

鬼滅の刃 輝利哉
 
産屋敷家は代々身体が弱いために長く生きることができません。

ですが、どうにかして存続は受け継いで行かなければ、一族は滅びてしまいます。

 

その対策として行っているのが「次期当主を13歳になるまで女として育てる」というものです。

 

これは、次期当主である男を女として育てることで、次の代へと受け継ぐまで敵である鬼を欺くという意味合いがあります。

というのも、この風習は実際に日本でも行っており、昔の時代では男の子は体が弱く育ちがあまりよくありませんでした。

一方で女の子の方は、男の子よりも強く丈夫に育っていました。

 

そして、この結果から男の子には悪霊が取り憑いていたと考えます。

その悪霊から子供を守るために男の子には女の子の恰好をさせて悪霊を欺いていました。

 

そのため、お館様の次の当主である輝利哉は男の子でしたが、振袖を着ています

 

【スポンサーリンク】

産屋敷輝哉のプロフィール

鬼滅の刃 お館様
 
名前:産屋敷輝哉(うぶやしきかがや)
年齢:23歳
氏族:産屋敷家97代目当主
家族:あまね(妻)
   ひなき(長女)
   にちか(次女)
   輝利哉(長男)
   くいな(三女)
   かなた(四女)

鬼殺隊の中でもトップに君臨しており、カリスマ的な言動からも皆の指揮をしています。

 

彼自身は戦闘能力があるわけではありませんが、聞くものに癒しを与える声を持っており、この能力は無惨にも効果がありました

そのため、産屋敷家に無惨が襲来した際には「気持ちが悪い」という発言もしています。

 

さらには、一族には代々先見の明を持っており、無惨の襲来や自らの死などを察しています。

他にも、その能力を活かし、さまざまな事業に関りを持っており、莫大な財を得ています。

 

また、代々身体が弱く無惨が鬼になったことで受けた呪いにより産屋敷家は短命です。

それを打破すべく神職から妻を娶っており、お見合いをしたのが13歳であまねさんは17歳の時です。

そんなお館様の妻となったあまねさんは1人で何事もこなすことが多く、19歳で5つ子を産み、子供の面倒を1人で見ていたり、お館様の治療や補助もしています

 

スポンサーリンク

【まとめ】お館様の呪いは無惨が鬼になったから

 
今回は、お館様の呪いについてご紹介しました。

 

お館様の顔の爛れには産屋敷家が代々苦しめられてきた呪いが原因でした。

この呪いがあるために産屋敷家は短命として命を落としています。

 

そして、その呪いには大きく無惨が関わっていることも分かっています。

産屋敷家と無惨がお互いに執着している理由がここに隠されていました。

 

ただ悪い鬼を倒すという戦いなのかなと思っていましたが、この双方には奥深い話があったのですね。

 
☆ 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴したい人はこちらの記事を参考にして下さい

>>>【鬼滅の刃】アニメ動画配信を完全無料視聴する方法を紹介!

 

 
\無料漫画は3000作品以上/

漫画をこよなく愛する人の為の「まんが王国」

 

関連記事

>>>【マニア向け】「鬼滅の刃」の関連記事一覧

>>> 人気作品の突っ込んだ記事まとめ

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです! 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP