エンタメ(マンガ・アニメ・映画)

【花束みたいな恋をした】結論ネタバレと評価感想について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 

2021年1月29日に全国で公開された「花束みたいな恋をした」。

この映画の主演は、菅田将暉と有村架純のダブル主演です。

 

この作品は「東京ラブストーリー」や「問題のあるレストラン」などのドラマや映画を手掛けた脚本家・坂元裕二が書き下ろしたものです。

1月29日に公開されてから、2日間で全国映画動員ランキングで1位を獲得しました!

 

今、世間から注目されている「花束みたいな恋をした」。

今回の記事では、そのあらすじや結論ネタバレ、感想・評価、などを書いていきます。

 

【スポンサーリンク】

【花束みたいな恋をした】あらすじ

 

 

山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)は、東京・京王線の明大駅前で2人ともが終電を逃したことから出会った。

お互いを知るうちに、好きな音楽や映画が一緒なことに気づく。

好きなものが一致した2人は恋に落ち、フリーターをしながら同棲生活を始める。

就職活動を続けながら、何気ない生活の日々送る2人。

そんな何気ない生活の中に、徐々に陰りがみえてくる…。

忘れられない5年間の思い出を紡ぐ胸を締め付ける純粋ラブストーリー。

 

【スポンサーリンク】

【花束みたいな恋をした】ネタバレ感想・評価

 

ここからは、映画を観た方のネタバレ感想・評価を載せていきます!

高評価と低評価、分けてみていきましょう。

 

高評価のネタバレ感想・評価

 

語り調で物語が進んでいく。現実味のある恋愛映画、ぜひ多くの方に見てほしいです!

・期待半分で見てみましたが、本当に最高でした。涙が止まりませんでした。

・2人の純粋さにキュンキュン。昔の自分の恋愛を重ねて泣けました。

・恋の絶頂期に「はじまりはおわりのはじまり」と達観する麦、これは簡単な恋愛ストーリーではない。

ラストのファミレスのシーンでは、2人の流した涙がステキで、もらい泣きしました

・2人の間の小道具やサブカルなどが丁寧に作られていた。だんだん2人を応援したくなる。

 

低評価のネタバレ感想・評価

 

・仕事にとらわれていく麦、途中で変わりすぎ。

女性と男性、考え方がずれていくのは仕方ない。話し合っても別れを選択する現代の恋愛観の象徴。

・どこらへんが「花束みたいな恋」なのか、花束出てくるシーン2つくらいしかなかった。

ハッピーエンドでもバットエンドでもない中途半端な終わり方。

・男女の価値観のずれを描いた、あるあるな映画。失恋や大恋愛した人は共感できると思う。

・モノローグを多用しすぎ。今までのラブストーリー映画と大して変わらない。

・偶然が多すぎる気がした。妙にポップ感を出してきて、薄い。

 

スポンサーリンク

【花束みたいな恋をした】結論、映画の結末は?

 

「花束みたいな恋をした」の結論はどうなるのでしょうか。

先ほどの感想や評価から、今までのラブストーリー映画に似ているとのこと。

 

ラブストーリーの定番といえば、結婚をゴールインとするか、失恋を描くかのどちらかですよね。

でも、コメントにはハッピーエンドでもバットエンドでもないと書かれていました。

 

他のネタバレ感想を見てみると、2人は“別れる”ということが分かります。

それでも、純粋でキレイな別れ方、と言われる人が多くいました。

 

すれ違う2人がファミレスでこれからどうしていくかを話し合い、“別れ”という選択がみえてきたことによって涙してしまう2人。

それでも、話し合った結果、別れを選択する。

 

多くのネタバレ感想・評価から、映画の結末はこうなのでは、と考えました。

詳しい部分は私も見ていないので、実際のところは分かりません。

キレイな別れ方、厳しい意見では中途半端な終わり方、とあったので、もしかしたら「友達」に戻ったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回の記事では、【花束みたいな恋をした】という映画のあらすじやネタバレ結論、映画の感想・評価について詳しくまとめたものになります。

偶然が重なり、恋に落ちていく2人。

 

まだ恋をしたことがない人なら「こんな恋がしてみたいな」と。

恋をしたことがある人なら、「そういえばこんなこともあったな」と思える映画ではないでしょうか。

 

みなさんも麦と絹の「花束みたいな恋」を見届けては。

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

みんなが気になる特集記事

  1. へずまりゅう 黒幕 実刑
  2. 創価学会 現会長
  3. ノストラダムスの大予言
  4. カルト
  5. ウォルトディズニー
  6. 小泉進次郎 イルミナティ
  7. ワンピース未来人
PAGE TOP