【保存版】まとめ特集記事

 

【悪童伝説】ズラタン・イブラヒモビッチの悪童っぷりをおさらいしよう!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
   

 

ズラタン・イブラヒモビッチはスウェーデンが誇る、とんでもないストライカー!サッカー界にはもはや欠かせない偉大な人物です。

しかしその一方で悪童といわれ、伝説を作り上げたとんでもない一面をもっているんです!その姿は正に悪い意味での王様とも言えます。

最近はだいぶおとなしくなったなあと言われているのですが、口からズバッと出てくる言葉には的確なものが増えて、名言と言われるものも増えたとか。

 

それでも試合の出場停止、暴言など2021年になっても健在で、最新のスポーツトップニュースにも取り上げられるほどの人物。

そんなズラタン・イブラヒモビッチの悪童伝説を見ていきましょう!

 

【スポンサーリンク】

イブラヒモビッチ悪童伝説の由来

イブラヒモビッチの悪童伝説の由来は以下の2点が大きく占めています。

 

発言も暴言も凄い

試合中態度がヤバイ

中でも発言は試合中の暴言はもちろん、ビッグマウスと言われる自画自賛の発言が殆どを占めています。

しかしこの発言、時には名言でもあり、一方ではとんでもない事を言っているのにイブラヒモビッチだから許される発言も数多くあるんです。

正に愛される悪童といったイブラヒモビッチですが、その中身は悪童伝説に相応しいとも言える自身に満ちた発言達だったのでした。

 

【スポンサーリンク】

イブラヒモビッチ悪童伝説を発言から見る

イブラヒモビッチの悪童伝説の最大の理由は、1年の名言が10程度では追いつけなくなるほどの発言の数々です。

ビッグマウスと言われているのですが、なにせ得点王を複数回取っている実力者だからこそ許される発言の数々!

まずはその中でも、更に厳選したいくつかの発言をご紹介しましょう!

 

(自分が)どれだけ完璧か考えると笑いが止まらない

2020年の名言厳選集の中でも、なかなかに痺れてしまうのがこの発言、正に才能が有り余る人間だからこそ許される自画自賛です。

年齢としては、現役選手の平均で見るとだいぶ上になっているのですが、それだけの成績を残しているのだから、アリ…なんですよね。

 

君は今その神を見てるじゃないか

こちらはワールドカップにどこのチームが優勝するか尋ねられ、神様しかわからないといったイブラヒモビッチに「神様に聞くのは難しい」と答えた記者への言葉。

「神様に聞くのは難しい?今目の前にいる自分がその神だ」というわけです。

いやはやおしゃれな言い回し、おまけに自信が凄まじく、この総合された言葉のパワーがイブラヒモビッチのパワーでもあると言えます。

 

スポンサーリンク

一つ確かなことは、俺のいないW杯なんて見る価値がない

そのワールドカップのプレーオフで負け、ワールドカップへの道が閉ざされてしまったときの発言です。

2010年にもスウェーデンはワールドカップに出場ができず、なにせ自信満々のイブラヒモビッチですから、出場はどう考えてもしたかったというのが本心でしょう。

結局このプレーオフ後、代表を引退することに決め、事実引退を発表したといいます。

 

「我が道を進め」と俺は言いたい。それがどんな道であってもだ。

最後はこちら。

これはもう言うまでもありませんよね、暴言や大口が多いと言われるイブラヒモビッチではありますが、それは己の哲学に従っているまでだという言葉です。

自分の意見だけを貫き、妥協せずに生きていくことは難しいですし、日本でも大きく非難されること間違いなしであることは予想が付きます。

当然ながら海外では非難のされ方も過激ですから、そんな中で自我を貫いて生きるということは本当に難しいことですよね。

それでもそこを貫いて生きることは、誇り高く、何より強い意志を持っているからこそできる人間の強さだと言うことを自ら示しています。

 

スポンサーリンク

イブラヒモビッチは悪童なだけじゃない!行動もすごかった!

続いてはイブラヒモビッチの悪童伝説に繋がる行動についてを見ていきましょう!

悪童の怖い態度はもちろん、一方で見せる純粋な魅力や、レジェンドに相応しい行動も見せているんです!

 

ロナウド大好き!興奮しすぎて怖かった!

ロナウド選手がとにかく大好きで、最高の選手として尊敬し、部屋には当然ポスターだって貼ってる!というイブラヒモビッチ。

そんな彼が幸運にもロナウドと握手を交わし、合うことができるという幸運に恵まれました!

しかし相手はとても敬愛するロナウド…表情が緊張で凍りつき、半笑いを浮かべてしまっていました…

さすがのロナウドも少しビビり気味だったことは言うまでもありません。

 

餓死と戦う名を背負って戦う覚悟を持った人物

ある試合の得点後、ユニフォームをおもむろに脱いだイブラヒモビッチ、もちろんこの行為は警告の対象ともなってしまいます。

しかしその下には50人分もの餓死と毎日戦っている子どもたちの名前が彫られていたのでした。

消えるタトゥーではありますが、この50人分の名前を体に彫って試合に臨み、それを大衆に見せるという真摯な取り組みをしていました。

 

怒らせるとマジでヤバイ…同業者にビビられる

イブラヒモビッチを試合で怒らせると、大声で怒鳴るし、本気で怖い。

これは一時期休業していたイブラヒモビッチが復帰した折に他のチームの選手がコメントしたときの一言です。

正に悪童の名前に相応しい評価と断言できますね。

他のチームの選手が怖いと発言するということは、同チームの選手たちがどう考えているか…知りたいような知りたくないような複雑な気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

悪童伝説で名前が知られているズラタン・イブラヒモビッチ、その実態は強い意志を貫く、タフなサッカー選手でした!

彼だから許される発言であり、態度だという実績を作り出したその実力もあるため、様々な人物が憧れるヒーローでもありますよね。

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP