韓流

パクジニョンJYPの生い立ち経歴がスゴい!NiziU誕生までの軌跡!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 

\NiziUのオーディションを無料で観る/

NiziU

 

若い世代を中心に人気を誇るガールズグループ・NiziU

そのプロデューサーであるJYPことパク・ジニョンさんも、オーディション番組「Nizi Project」に登場し注目を集めました。

 

かつては自身も歌手やダンサーとして活躍しており、現在はプロデュースするグループが次々にヒットしているパク・ジニョンさんですが、その音楽的感性は一体どのように磨かれたのでしょうか?

もしかしたら、英才教育を受けていたなんて可能性もありますよね。

 

今回は、パク・ジニョンさんの経歴生い立ちを通して、NiziUが誕生するまでの軌跡を振り返っていきます!

 

【スポンサーリンク】

パク・ジニョンの生い立ち

【名前】パク・ジニョン(朴 軫永、박진영)

【別名】JYP、J.Y.Park

【生年月日】1971年12月13日

【出身】韓国・ソウル

【職業】シンガーソングライター、音楽プロデューサー

【事務所】JYPエンターテインメント

 

1971年生まれのパク・ジニョンさんは、ソウル市で暮らしていました。

小学校1年生の時、父親の転勤にともないアメリカに引っ越すこととなります。

アメリカで過ごしたことがきっかけでブラックミュージックの存在を知り、音楽に興味を持ったのだそうです。

 

ブラックミュージックとは?

アメリカの黒人発祥の音楽。ビート感・グルーヴ感が特徴です。

R&B、ジャズ、ソウル、ヒップホップなど、さまざまなジャンルの音楽の元となりました。

 

また、パク・ジニョンさんは昔からJ-POPに親しんでいたそうなんです。

高校生の頃、サザン・オールスターズの桑田佳祐さんが期間限定で活動していたKUWATA BANDの音楽を聞き、

アジア人でも黒人音楽ができる」ということに衝撃を受けたのだとか。

 

パク・ジニョンさんがその時聴いた音楽が、KUWATA BAND 「スキップ・ビート」。

「スキップ・ビート」は、テレビ番組に出演した際にも披露していました。

 

その他にも、小室哲哉さんや久保田利伸さん、安全地帯などの曲を聴いていたそうです!

しかし、パク・ジニョンさんの幼少期は日韓関係が良くありませんでした。

なので、韓国でJ-POPのCDを手に入れることは難しかったはず…。

 

そこでどうしたかというと、裏市に通ってCDを入手していたのだそうです。

パク・ジニョンさんの音楽の原点にJ-POPがあるというのは、日本人として嬉しいですね!

 

その後はソウルにある延世大学校に入学し、大学2年生時のスカウトがきっかけで、歌手を志したそうです。

 

【スポンサーリンク】

パク・ジニョンのその後の経歴は?

1992年、「パク・ジニョンと新時代」というグループでデビューを果たしました。

しかしなかなか芽が出ず、再デビューを目指してオーディションに挑戦する日々を送ります。

 

転機が訪れたのは、キム・ゴンモという歌手のバックダンサーを務めていた時です。

作曲家であるキム・ヒョンソクと知り合い、彼のもとで音楽について学んだことが、現在のプロデューサー業に繋がりました。

 

スポンサーリンク

プロデューサーとして活躍

パク・ジニョンさんは、1997年に事務所を立ち上げプロデューサー業を開始します。

事務所はのちに「JYPエンターテインメント」と改名し、たくさんのアーティストを世に送り出してきました!

  • TWICE
  • NiziU
  • ITZY
  • 2PM
  • GOT7
  • miss A

など

 

所属アーティストが次々に人気になり、韓国3大芸能事務所に数えられる存在となりました。

 

スポンサーリンク

2020年、NiziU誕生!

そして日韓合同のオーディションプロジェクトである「Nizi Project」が行われ、通過したメンバー9人によるNiziUが結成されました!

オーディションはHuluで配信され、多くの視聴者が参加メンバーを見守りました。

 

パート1・パート2を通して描かれたオーディションには、パク・ジニョンさんも参加しメンバーの選抜を行っています

番組に登場したことで日本でも注目を集め、最終回が放送された後には関連ワードがTwitterでトレンド入りしました。

 

スポンサーリンク

【まとめ】パクジニョンJYPの生い立ち・経歴・NiziU誕生まで

今回は、K-POP界を牽引するJYPことパク・ジニョンさんの、生い立ち経歴NiziU誕生までの軌跡をご紹介しました。

プロデューサーとして活躍する以前は歌手として活動していたことや、NiziU以外にも多くのアーティストを手掛けていることがわかりましたね!

今後もJYPプロデュースのアーティストに注目してみてくださいね。

>>> NiziUの人気記事まとめ

 

\NiziUのオーディションを無料で観る/

NiziU

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

みんなが気になる特集記事

  1. 菅義偉
  2. 創価学会 現会長
  3. 小泉進次郎 イルミナティ
PAGE TOP