テレビ

大和田常務のその後は?嫁や名言、役者についておさらいしよう

スポンサーリンク

TBSドラマで驚異的な視聴率を誇った「半沢直樹」。

そのドラマ内で強烈なインパクトを残した大和田常務役の香川照之さん。

今回は大和田常務の名言や役者さんについて、土下座やその後ついてお話していきます!

 

大和田常務の土下座〜その後はどうなったのか

半沢直樹=土下座というイメージもあるほどの名シーンです。

大和田常務の連中による不正が発覚したための土下座でした。

ネット上ではその後に関して、頭取の手下として置かれているといった予想などがあり、最終回で残留をしたことで物語の複雑さを演出しました。

この章では土下座までのあらすじと、その後を考察していきます!

 

大和田常務の土下座とは

半沢直樹といえば、大和田常務の土下座が頭に浮かびます。

「半沢直樹」=「倍返し」or「土下座」というところまで存在感がある名シーンです。

では、なぜ大和田常務は半沢直樹に土下座をしたのでしょうか。

それは最終回で発覚した問題が原因になっています。

ドラマの舞台である東京中央銀行が、大口取引先である会社に200億円もの融資をしました。

しかしその融資先が株の運営に失敗し、120億円もの損失を追加で出してしまいました。

そこでその融資先の経営再建策のために担当を任命されたのが、半沢直樹でした。

もしその融資先が金融庁に認められなかった場合、引当金が1000億円にも上ります。

この引当金を手にするか否かは中央銀行の経営面で大きな影響を及ぼします。

今の時点で200億円の融資を引き上げると経営破綻してしまうので、200億円の引き上げをせずに経営を再建する必要があったのです。

株の運用に失敗した張本人である女性専務は、何でか中央銀行に協力的ではありませんでした。

なぜなら、大和田業務と手を組んで、自分が社長の座を奪おうとしていたからです。

一方で融資先の社長は半沢に、経営再建について前向きな意見を表明しました。

そんな中ですが、メインのバンクであった中央銀行への告発をもみ消したのが、京橋支店長の貝瀬だったことが判明したのです。

京橋支店長を務めてきた歴代の支店長が、大和田常務などの旧産業中央派で、不正を行っていたことが分かりました。

不正をしていた大和田常務に向かって、バンカーを持っていた半沢が言ったのが「土下座しろー」でした。

以上が大和田常務の土下座までのあらすじです。

このシーンは半沢直樹を代表するシーンとなっています。

 

土下座のその後を考察

最終回で大和田常務は出向せず残留を果たしました。

しかしなぜ残留したのか、その後はどうなったのか気になります。

まず可能性が十分にある考察は、銀行員として大和田さんは敏腕であるという点。

頭取が大和田の銀行員としての才能を評価しているので、頭取は手の中に大和田を置いておきたいのでは、という考え方もできます。

そして頭取は「人を大切にする」ことを大切にしてようです。

そのため行内の派閥をなくしたいという考えがあります。

今の行内は派閥がごちゃごちゃしているのが現状です。

そこで大和田を頭取にすることで、派閥の壁をなくすという思惑も考察できます。

上記の内容をまとめると、行内の派閥をなくし、頭取の権力を安定させたいという考えが、大和田の残留を生んだのではないか、という考察内容です。

 

半沢直樹2ではどの様な役なのか

ネット上では色々な憶測などが飛び交っていて、平取締役で出演するのではないかという予想も出ています。

しかし先の章で残留という考察が出ました。

そのため「残留」→「平取締役」という流れも考えられます。

半沢直樹には原作がありますが、その原作内の続編には、残念ながら大和田さんの姿はありませんでした。

そのためそもそも姿を現さないということも考えられますが、仮に姿を現すとしたら、頭取の手下となった姿で登場すると考えられます。

 

大和田常務の嫁は誰?役者は?

調べたところ、大和田常務の嫁さん役は、女優さんの相築あきこさんだということが分かりました。

事務所はクォータートーン所属で、「噂のポテトボーイ」という作品でデビューされています。

デビュー後には大河ドラマにも出演する、実力派の大女優さんです。

またCMにも多く出演していて、JRのコマーシャルやセブンイレブンのコマーシャルなどの大企業のコマーシャルに続々抜擢されています。

最近では「奥様は取り扱い注意」で綾瀬はるかさんと共演しています。

 

大和田常務の名言おさらい

大和田常務といえば顔芸といわれるほどの表情豊かな演技と、癖の強いせりふ回しじゃないでしょうか。

そんな大和田常務の名言を複数紹介します。

まず鬼の形相で「なに誤解してんだお前。知らんよ、知らんよ、知らんぞお前!」

自分が攻め立てられた時にでたセリフです。

この迫力で嘘をついているというのは冷静に考えて恐ろしく感じます。

そして部下に要らないことを言われたときには「おい、やめろ、岸川、きしかわぁ。黙れぇ岸川ぁー!」

どれだけ裏切られたらこんな怖さが出るのでしょう。

最後は「銀行に入ったからには頭取を目指すのは・・・・当然、じゃないかな?」

銀行員の闇が存分ににじみ出ているセリフです。

池井戸作品特有の、人間の闇の描き方に感じます。

 

【まとめ】大和田常務のその後〜嫁や名言、役者について

今回は半沢直樹に出演している大和田常務のその後や嫁などを紹介しました。

大和田常務を演じる役者さんは香川照之さんで、「なに誤解してんだお前。知らんよ、知らんよ、知らんぞお前!」などの名言なども紹介しました。

続編となる作品はどの立場で姿を見せるのか、みどころです!

スポンサーリンク
  1. 格闘技

    原優奈(ボクシング)の顔画像!イケメンで筋肉がやばい!
  2. ケンタッキーチキン クロックス どこで買える?

    NEWS

    ケンタッキーチキンのクロックスはどこで買えるのか調べてみた!
  3. フジロック2020予想

    ミュージック

    【フジロック2020予想】ヘッドライナーはコイツしかいない!
  4. NEWS

    コーンフレークのトラの名前は?www
  5. NEWS

    細川稀叶が離婚か?子供の親権や養育費はどうなる?
PAGE TOP