プロ野球・甲子園関連

梨田昌孝監督の持病や血液型は?喫煙者かどうかも調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

 

元楽天監督の梨田昌孝氏

体格が肥満気味とのことですが、梨田昌孝監督は持病をお持ちなのでしょうか。

また、血液型は何型なのでしょう。

野球選手には喫煙者も多いですが、梨田監督はどうなのでしょうか。

詳しく見ていきます。

 

【スポンサーリンク】

梨田昌孝監督の持病と血液型について

梨田昌孝監督は1953年生まれの66歳

近鉄バッファローズにて捕手として活躍し、近鉄バッファローズや日本ハムファイターズの監督としても活躍しました。

 

血液型はA型

身長178センチで体重80キロ。

肥満度の目安となるBMIは25.2。

BMIが25を超えているので、梨田昌孝監督は肥満であるといえます。

 

肥満の方には多い糖尿病高血圧

様々な病気のリスクになってしまうので恐ろしいですよね。

こういった持病を、梨田監督はもっているのでしょうか。

 

調べてみたところ、梨田監督にはそういった持病はないとのこと。

スポーツ選手として活動していただけあって、体はある程度丈夫なのでしょうか。

引退してあまり運動しなくなったとしても、筆者よりは筋肉がついてそうですし笑

 

ただし、呼吸器系の既往歴はあるようです。

詳しく明かされていないあたり、そこまで重症ではなかったようですが、慢性化していないことを祈ります。

 

【スポンサーリンク】

梨田昌孝監督は喫煙者か

梨田昌孝監督は、現在は喫煙者ではありません

ただし、タバコを吸っていた時期があります。

先ほど述べた呼吸器系の既往歴も、かつての喫煙と関連があるのでしょうか。

 

 

工藤公康監督や星野仙一監督、金本知憲氏など、昭和世代の野球選手には愛煙家が多く、梨田昌孝監督もその1人だったのでしょう。

昭和のころ海外から来た選手は、日本人選手の喫煙率の高さに驚いたようです。

激しい動きをするスポーツ選手が喫煙しているなんて、意外ですもんね。

 

しかしながら現在でも、喫煙している野球選手は多くいます。

巨人の坂本勇人選手やDeNAの筒香嘉智選手などですね。

巨人の岡本選手なんかは、原監督から禁煙令を出されたそうです笑

どうして、日本の野球選手、特に昭和世代には喫煙者が多いのでしょうか。

#ERROR!

喫煙への憧れと依存

昭和時代、「喫煙はおしゃれ」という風潮があり、「タバコが吸えないなんてかっこ悪い」という認識までありました。

今では考えられないですね。

 

故に、教育現場においてもタバコを吸っている教師がおり、咥えタバコで授業をする教師までいたようです。

大学生になると皆タバコを吸う。

野球選手もこの例にもれず、皆タバコを吸っていたようです。

 

先輩が喫煙していることへの憧れ・・・

現在の野球選手の喫煙には間違いなく影響していることでしょう。

 

それだけではありません。

野球とは失敗のスポーツ

打率3割3分でかなり良いとされるプロ野球において、ストレスはつきものなのです。

故にストレス解消のために喫煙している選手も多く、球団としてもなかなか止めにくいのが実情。

 

引退後の健康や現役でのパフォーマンスを考えると、あまり喫煙はしてほしくないものですが・・・

喫煙者への目が厳しくなってきた現代。

喫煙する野球選手が減っていくといいですね。

 

スポンサーリンク

【まとめ】梨田昌孝監督の持病や血液型は、喫煙者かどうかも調査

見た目の通り、やはり肥満であった梨田昌孝監督。

しかしながら持病は持っていないとのことでした。

監督の血液型はA型なようです。

 

昭和の野球選手には喫煙者が多いですが、梨田監督にも喫煙していた時期はあったとのこと。

呼吸器系の既往歴も、これに関連しているのでしょう。

 

現在の野球選手にも喫煙者は多くいます。

野球でのストレスもあり、なかなか止められないものなのかもしれません。

引退後の健康や現役でのパフォーマンスを考えると、喫煙はしないでほしいものです。

 

梨田昌孝監督のこれからの活躍を祈りつつ、この記事を締めたいと思います。

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
     

みんなが気になる特集記事

  1. ウォルトディズニー
  2. 國光吟 小林麻耶
  3. 鬱袋 ハズレ袋
  4. 第三次世界大戦 未来人の予言
PAGE TOP