NEWS

小里泰弘の経歴や学歴は?高校や大学などwiki風プロフィールで紹介!

スポンサーリンク

 

日本を代表する政治家の一人である、自民党所属の衆議院議員、小里泰弘(おざとやすひろ)さん。

 

確固たる実力と地元鹿児島での人気を集めている政治家ですが、この記事では小里泰弘さんの経歴を抜粋しておさらいします。

 

気になる高校や大学と言った学歴など、wikiをキュレーションしたプロフィール記事になってるので、ぜひチェックしてみてくださいね!!

 

小里泰弘のwikiプロフィール!高校や大学、学歴のまとめ

 

では早速、小里泰弘さんのwiki風プロフィールを見てみましょう。

 

生年月日:1958年9月29日

出身地:鹿児島県霧島市生まれ

出身高校:鹿児島県立鶴丸高等学校

出身大学:慶應義塾大学法学部

入社:野村証券

 

なんていうか、、、超エリートですよね笑

 

鶴丸高校は、1894年4月19日に創立れた、超歴史ある名門。

卒業生には、政治家や法曹界、報道関係やマスコミ、ジャーナリストがたくさんいらっしゃるんです。

芸能人というよりは、その様な道を歩かれている著名人が多く、小里泰弘さんも同様に大学へ進学し、私学の最高峰と言われる慶應義塾大学法学部にて法学、政治学を学びました。

 

めちゃくちゃ勉強ができたんでしょうね、、、笑

羨ましい、、笑

 

そして、卒業後もこれまた超人気大企業、野村証券へと入社。

そこでバリバリ仕事をこなします。

 

父は総務庁長官や労働大臣、北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任した小里貞利さんで、その父が引退すると同時に出馬を表明しているんですね!

 

では、次に政治家としての経歴を見てみましょう。

 

小里泰弘 経歴のおさらい

 

小里泰弘さんは、1990年の父の労働大臣就任を機に、秘書官として政治家の道を歩みます。

 

2005年には、父親の政界引退に伴い鹿児島4区から自民党公認として出馬。見事初当選しています。

 

その後の政治家人生も順風満帆で、地元鹿児島の信頼を得ることに成功。

2009年に再選、2012年には3選を果たしているんです!

 

第2次安倍内閣発足後は、自民党農林部会部会長に就任。

その後も、環境副大臣兼内閣府副大臣に就任し、

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、鹿児島4区から出馬し4選を果たしています。

 

まさに負け知らず。

地場の支持を一手に集めているんですね。

 

現在は5選し、その政治家活動を順調に続けているみたいです、、、よ笑

 

小里泰弘のwiki風プロフィールまとめ

 

以上、小里泰弘さんの高校、大学の学歴についてと、エリート街道を駆け抜けた政治家としての経歴を、wiki風プロフィールとして抜粋してまとめてみました。

政治家ゆえ、色々な噂も囁かれますが、これからも日本の為に頑張って欲しいですよね!!

 

また追加の情報があれば追記してお届けしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
  1. イルミナティカード  横浜

    オカルト・都市伝説

    【イルミナティーカード】横浜が壊滅!○○○か核か、Xデーの日付はいつ?
  2. 芸能

    木下博勝 息子の中学はどこ?進学先や受験結果、併願校にも注目が集まる!
  3. 芸能

    杉本青空(からし蓮根)に逮捕歴!?嫁の女社長の画像は??
  4. スポーツ

    北別府学の嫁や子供(息子、娘)はどんな感じ?気になる家族を調べてみた
  5. 野球

    乾貴士VSダルビッシュ!ツイッターでインスタ縦読み「探す人スゴい」と炎上
PAGE TOP