プロ野球・甲子園

 

野球独立リーグの給料のヒミツ〜監督や選手はどれくらい?チーム一覧で紹介!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

 

あなたは独立リーグについて知っていますか?

テレビで放送しているプロ野球とは別に、お給料はだいたい10万位とかなりの安価でやっているプロ野球チームで、中にはプロ野球に入ろうと思って頑張っている若手もいるんです。

ただ言われてみると独立リーグについてわからないことだらけ…そもそも独立リーグのチームもよく分かっていないのが現実ですよね。

そんな隠れたプロ野球チーム、独立リーグについて詳しく、監督や給料一覧にしてご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

独立リーグの監督や選手のお給料は?給料一覧!

独立リーグの監督や選手は、いわゆるテレビで放送されているプロ野球とは異なり、お給料一覧でまとめるとかなり少ないことが分かります。

なんと言って選手は10万から最大40万円、監督だって年俸にして600万位(月換算で50万位)と言われているんです!

 

監督の給料は年間平均600万

最高では1000万もらえる監督もいるという情報がありますが、平均年間600万円なので、そこまで多くないことが分かります。

最低限もらえる額というものが定められていないため、選手もなのですが球団によって給料は全く違う額になると言います。

月換算にするとだいたい月50万、選手よりはかなりいい給料で働いていると言えますが、正直とてもではありませんが良い給料とは言えませんね。

特にチームによっては年間500万位以下になるチームも少なくはないため、独立リーグの監督の給料がいい!とは言えないのです。

 

選手の給料は球団次第!

選手たちの月給は10万より少ない球団から、20万もらえる球団で揺れています。

四国アイランドリーグとBCリーグでは、四国アイランドリーグの方が給料がお安いという傾向があります。

20万なんてかなりもらっている方にカウントされているんですね。

またチームによってはインセンティブが付いたり、在籍年数でちょっとだけ上がることもあります。

月間のMVPに選ばれればもちろんボーナスも出るのですが、その額は5000円貰えれば上等だとか。

 

お給料が出るのはオンシーズンのみ

ちなみに選手や監督のお給料が出るのは、プロ野球と異なりオンシーズンのみです。

そのためバイトで食いつないでいる選手も多いのだとか。

お給料的に余裕のあるBCリーグはシーズン中お給料が出るので、四国アイランドリーグの選手はかなりきつそう。

でも関西の独立プロリーグではチームからの報酬は出ないので、様々な経済事情があるみたいです。

 

全体的にお給料は少なめ

いわゆるプロ野球とは違い、企業が球団を持っているわけではないので、様々な企業にスポンサーになってもらい、その広告費で独立リーグは運営されています。

だからプロ野球とは違って、独立リーグのお給料にはこんなに差が出てくるんですね。

他にも球団で作っているグッズや試合のチケットなどの売上もお給料に含まれています。

そのため選手たちは監督も含め、カツカツの状態になっているのが現状です。

 

【スポンサーリンク】

独立リーグってどんな野球チームがあるの?

独立リーグは地方地方で全く異なるチームで、先程も触れましたが、様々な企業の広告費で成り立っている野球チームです。

独立リーグには3種類あり、各リーグでチームの数もかなり変わってきます。

 

四国アイランドリーグPlus所属チーム

愛媛マンダリンパイレーツ・香川オリーブガイナーズ

高知ファイティングドッグス・徳島インディゴソックス

 

ルートインBCリーグ所属チーム

東地区

茨城アストロプラネッツ・栃木ゴールデンブレーブス・埼玉武蔵ヒートベアーズ・神奈川フューチャードリームス

中地区

福島レッドホープス・群馬ダイヤモンドペガサス・新潟アルビレックス=ベースボール=クラブ・信濃グランセローズ

西地区

富山GRNサンダーバーズ・石川ミリオンスターズ・福井ワイルドラプターズ・オセアン滋賀ブラックス

 

関西独立リーグ所属チーム

堺シュライクス・和歌山ファイティングバーズ

06BULLS ゼロロクブルズ・神戸三田ブレイバーズ

 

スポンサーリンク

トライアウトは毎年実施!ハングリー精神が求められる!

独立リーグへの入団と、独立リーグからプロ野球リーグに行くためのトライアウトは毎年行われています。

トライアウトとは、簡単に言うと入団のための実力テストで、求められる成績や能力を持っていると判断されれば、野球チームに入団することができるんです!

そのためとにかく薄給の独立リーグでハングリー精神を鍛え、プロ野球リーグに行こう!と毎年頑張っている選手たちもたくさんいます。

みんな気合を入れてきているため、とにかく入団退団の入れ替えがとにかく激しいのが特徴!

ちょっと気合を抜くと、すぐに後輩に追いつかれ、そのままチャンスを失ってしまう選手たちも少なくありません。

トライアウトに関しては実施する場所や時間等が大きく変わってくるため、随時公式ホームページでの確認が必要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

独立リーグはプロ野球リーグより厳しい経済状況を抱えており、絶対にプロ野球選手になる!という夢を諦められない人がどんどんと挑戦しに行く場所です。

ちょっと野球ができたらいいな、という気持ちで行くと、周囲の熱気などの一気に当てられて自信を無くしてしまう人もいます。

しかし本気で挑戦するには非常に適した場所ですので、まだ夢を諦められない人は一度挑戦して、夢への第一歩を踏み出すのもいいですね!

 

 
当記事の情報の一部は雑誌の内容をもとに執筆しています。U-NEXTでは70誌以上、FODプレミアムでは120誌以上もの雑誌が読み放題なので、記事内容に興味のある方や、月に1冊以上雑誌を購入されている方は、こちらのプランが断然お得です(無料お試し期間付き

>【雑誌読み放題】U-NEXTとFODプレミアムどっちを選べばいい?

 

この記事が楽しい!参考になった!と思いましたら、下のボタンからシェアしていただけると幸いです!

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
       

▼ 人気エンタメ記事まとめ

▼ 一番読まれてる特集記事 TOP5

  1. 女性 チャット

▼ 閲覧数の多い人気記事

▼ よく読まれている美容情報

PAGE TOP