台風10号

NEWS

台風10号ハイシェン2020たまごの米軍進路予想と被害規模を考察

スポンサーリンク

 

8月31日(月)の15時頃、フィリピンの東で発達した熱帯低気圧。

今後、台風10号となる可能性があります

 

この記事では、2020台風10号(ハイシェン)になる可能性のある、台風のたまごについてまとめます。

米軍の台風警報センターや、ヨーロッパ中期予報センターなどによる進路予想。

そして、日本に上陸した場合の被害予想についても調べていますので、参考にしてみてください。

 

破壊的規模の台風10号ハイシェン(2020)発生

伊勢湾台風に匹敵か

注目されている、台風のたまご。

気象庁は、小笠原近海で停滞している熱帯低気圧が今後台風になる見込みと発表しています

台風に発達した場合、「台風10号」と呼ばれることに。

 

これほど注目されているのは、伊勢湾台風のような歴史的な勢力で西日本に上陸する恐れがあるからです

伊勢湾台風は、昭和34年に日本を襲った台風で、死者行方不明者が多く出るなど甚大な被害をもたらしました。

今回の台風10号のたまごの予想されている中心気圧は、伊勢湾台風に匹敵。

日本に上陸すれば甚大な被害を受けることになります。

 

台風10号ハイシェン、その名前

毎年1月1日以降、最初に発生した台風を1号と呼びます。

今回の台風は今年10番目の台風となる予想のため、たまごが台風になった場合には「台風10号」となります。

 

ハイシェンというのは、2000年に台風委員会によって決められた、台風の国際名のひとつです。

こちらも順番があり、今回のたまごも台風になれば「ハイシェン」と名付けられます。

台風発生以前から次に到来する台風の名前は決まっている、ということですね。

 

台風たまごの進路予測~米軍

台風たまごの今後の進路予測は、いくつかのサイトで見ることができます

ここでは、米軍による進路予測をはじめ、他の機関によって発表されている進路予測も紹介します。

 

JTWCの予想

台風たまごは今後どう進路をとるのか。

アメリカの政府機関である、米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報を見ていきます。

 

ちなみに、JTWCの台風情報は一般の人もアクセス可能です。

日本時間に直すため、表示されている時刻に9時間足す必要があります。

では、JTWCによる台風情報です。

 

台風10号

 

注目の台風たまごは、画像で「TS 11W」と表示されています。

時刻は「01/0530」とありますので、9時間足して日本で「1日の14時30分時点」の情報ということになります。

 

次に、進路予想です。

 

台風10号

 

日本時刻で9月6日午前9時までの進路予想となっています。

この通り米軍の予想では、台風たまごは小笠原近海から西日本へ向かって進路を取ることが分かります

 

ECMWFの予想

予報精度が世界一と言われる、ECMW(ヨーロッパ中期予報センター)による台風情報も参考に。

9月2日(水曜日)

台風10号

 

9月3日(木曜日)

台風10号

 

9月4日(金曜日)

台風10号

 

9月5日(土曜日)

台風10号

 

9月6日(日曜日)

スポンサーリンク

台風10号

 

9月7日(月曜日)

台風10号

 

9月8日(火曜日)

台風10号

 

この予報からは、9月6日には強い勢力で台風が上陸することが分かります。

 

Windyの予想

視覚的に分かりやすいことが特徴のWindy

気象情報を得られる1つのサイトです。

 

台風10号

 

9月5日に日本列島に接近6、7日にかけて台風が上陸すると予想されています。

Windyのサイトでは、下のほうにある再生ボタンを押すと台風たまごを動画で確認することが可能。

この予報通りだと台風に発達すると考えられます。

 

日本気象協会の予想

台風10号に発達する恐れのある熱帯低気圧。

発達具合や進路について、はっきりとはしていませんが…

9月1日午後1時の状況をみてみます。

 

台風10号

 

続いて、ヨーロッパの気象機関の計算を基につくられたグラフです。

 

台風10号

 

こちらの進路予測によると、9月6日頃には熱帯低気圧が西日本付近に接近する可能性があるとのこと

色で中心気圧が分かりますが、上陸する頃には紫色の表示になっています。

日本列島に近づくにつれて熱帯低気圧が非常に発達し、台風になる可能性が高いと分かります。

 

ウェザーニュースの予想

こちらのサイトでは、天気に関するニュースを見ることができます。

下の画像は、ウェザーニュースによる9月1日午前10時の熱帯低気圧のようすです。

 

台風10号

 

9月2日までに、熱帯低気圧は台風10号に発達すると予想されています

進路と重なる海面水温が30℃以上となっており、台風になればかなり発達して日本に上陸する恐れがあります。

 

被害規模の予想について

以上が、台風10号へと発達する可能性の高い、台風たまごの熱帯低気圧の進路予想についてです。

米軍合同台風警報センター(JTWC)やヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)などの予測から、

 

熱帯低気圧は台風10号へと発達する可能性が高く、9月6日には日本に上陸する恐れがある

 

ことが分かりました。

 

この台風のたまごが発達した場合の被害規模については、過去の台風被害をもとに考えることができます。

2018年の台風21号は、非常に強い勢力を持って上陸。

大阪などの近畿で甚大な暴風被害、さらに関西空港が高潮により水没するなどの被害がありました。

 

そして、1959年の伊勢湾台風

紀伊半島先端に上陸し、死者・行方不明者は5098名に及びました

台風たまごが今後、伊勢湾台風と同等の中心気圧になる可能性があります。

 

今の段階では接近時にどれほどの勢力があるのか、想定することが難しい台風のたまご。

しかし、海面水温やコンピューターによるシミュレーションなどから、上記の台風に匹敵する影響が出るとの示唆も

 

今後の情報に注意しながら、非常事態への備えが急がれます。

 

スポンサーリンク
  1. 女性タレント

    新庄剛志の嫁は誰?現在はなにしてるのか調査してみた!
  2. グルメ

    マヨハラとは?意味や事例を具体的に!戸澤遥くだらないとの声も
  3. 悠仁様 首 赤い傷

    天皇・皇族

    【悠仁様】首赤い線(傷跡)の真相!性格異常に可愛くないとの声も!
  4. 岡田更生館

    NEWS

    【恐怖】岡田更生館の館長の名前は?北川はどうなった?現在の跡地も調べてみた!
  5. 陸上競技

    松田瑞生の経歴(中学高校)彼氏や結婚についても一挙紹介!
PAGE TOP